ビットコインの地固め相場の行方は?

今週のWeekly Round Upでは、まずビットコインの話題からはじめましょう。

記事執筆時点ではビットコインは約10,557ドルで取引されており、24時間の範囲は10,500ドルから10,900ドルの間です。

いくつかのテクニカル指標を見てみると、BTCUSDは10日移動平均線を上回っていますが、50日移動平均線を下回っています。

基本的に最も重要な2つの指標の間に挟まれているため、これは市場アナリストにとっては横方向の動きを予測するサインです。

しかし、価格は完全に横ばいではなく、ビットコインが伝統的な株式市場に沿って動いたため、スポット取引所ではBTCUSDが10,421ドルまで下落しました。

Fairlead Strategiesのアナリストであるケイティ・ストックトン氏は最近、ビットコインの現在の停滞した価格行動を指し示すこの相関関係について次のように説明しています。

「ビットコインはリスク資産の日々の動きに同調してきましたが、日中発生しているボラティリティの最終的な結果は、チャート上での地固めを意味します。」

私達はストックトン氏と同じ考えであり、また、この仮想通貨業界に長年いる者としてわかっていることがあります。

ビットコインの地固め期間は長くは続きません。

Uniswap(ユニスワップ)の取引量が徐々に減少

次にUniswap(ユニスワップ)を見てみましょう。

ユニスワップは過去数週間にわたって分散型アルトコイン取引の世界を支えてきた実験的な新しいプロトコルです。

この1ヶ月を振り返ってみると、Uniswapは9月の予想を超えて世界中から数百万ドルが流入しました。

具体的には、ユニスワップは9月の初日に9億5000万ドル以上を記録しており、これは多くの中央集権型取引所にも匹敵します。

しかし、取引量は徐々にではありますが、着実に減少しています。
ビットコインが現在停滞しているとはいえ、Uniswapは少し勢いを失っているようです。

9月29日(火)時点での取引量は3億1200万ドルで、1日平均の4億6800万ドルを大幅に下回っています。

イーサキャピタルの最高経営責任者ブライアン・モソフ氏は、現在22.9億ドルの新記録を更新した流動性を重視しているようです。同氏は以下のように発言しています。

「流動性はユニスワップで過去最高に達したばかりで、これは資産価格の競争が激化していることを意味しており、投機的な動きが収まれば取引量の大部分を占める可能性がある。いずれにしても、分散型取引所が金融の未来の主要な要素になると信じているので、現在の浮き沈みがある中でも、Uniswapのようなプロジェクトには強気であり続けています」

ただし、ビットコインがターニングポイントに近づいているため、ポートフォリオのリスクを軽減することを常にお勧めします。

米ドル・金相場

最後に、従来の金融市場を見てみましょう。

市場はリスク選好の感情に牽引されたようで、米国のコロナウイルス刺激策への期待が高まったことで、米国の取引セッションの後半に急上昇しました。

投資家がリスク選好を強める中、米ドルは打撃を受けたようで、GBP/USDペアを含むほとんどの主要なライバルに敗北しました。

世界経済の回復がより明確になるまでは、EUR/USDとUSD/JPYペアの変動を見続ける必要があります。

主要国がインフレと景気刺激のバランスを見極めようとしているため、主要な要因は依然として各国のポストCOVID政策に関連しています。

歴史的な安全資産である金は、史上最高値からやや下がる1800ドル台半ばでのレンジ相場が続いています。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。