• BTCが10日間および50日間の移動平均線を上回っており、マーケットテクニシャンにとっては強気のシグナルです。
  • 興味深いことに、1,000以上のビットコインのアドレスが今までになく増えています。
  • 「ビットコインリッチリスト」に掲載された人の数は、2,190人で過去最高に達しています。


ビットコイン市場は月曜日から低ボリュームを経験していますが、BTC / USDは約11,737ドルで取引されており、11,300ドルから12,000ドルの範囲内にとどまり続けています。しかし、印象的だったのは、1,000ビットコインを超えるアドレスが過去最高の2,190アドレスに達した「ビットコインリッチリスト」の増加です。現在、このリッチリストには約922億ドル相当のビットコインが含まれており、これは時価総額の8%に相当します。


それにもかかわらず、長期的に強気である多くのステークホルダーは、ビットコインの最近の価格上昇からいくらかの縮小を推測しています。短期的なダウンサイドを予想しているのは、Koineの機関投資家の責任者であるRobert Koine氏とOkCoinの流動性マネージャーであるDaniel Koehler氏などです。マクロレベルでは、ビットコインは現在のアメリカのインフレ率の厳しい現実を考えるとこれまで以上に強気のようです。Prudential Securitiesの元最高経営責任者であるGeorge Ball氏はインタビューで次のように述べています。「私はこれまで口に出したことはないが、常にブロックチェーンや仮想通貨、ビットコインの反対派だった。しかし、今見れば、政府は市場を永遠に刺激し続けることはできず、流動性には終わりが訪れる。」

2番目に大きい暗号通貨であるイーサリアムに移ると、ペアは月曜日に400ドルのレベルを超えてピークに戻りました。執筆時点では、UTC 20:00時点で、主要レジスタンスの401ドルを1ノッチ上回っています。現在、ETH / USDが直面している最大の問題はガス料金です。ネットワーク上の料金はイーサリアムで史上最高値に達し、ネットワーク全体でDeFiトレンドが絶え間なく流れ続けているためです。


他のニュースにて締めくくります。リッチリストを拡張するという考えに戻ります。企業側に目を向けると、企業のCEOが引き続き「資本」のヘッジを検討しているため、現金の代わりにBTC / USDをバランスシートに追加していることがわかります。進行中のコロナウイルスによるクラッシュを食い止めるために、米ドルや世界中のその他の中央銀行の通貨が供給を増やし続けているため、このヘッジはインフレの恐怖に対して起こっています。先週MicroStrategiesで確認できたように、バランスシートに2億5,000万アメリカドルのビットコインを追加したことで、カナダのSnappaとして知られるグラフィックソフトウェア会社も、かなりの量の現金準備をビットコインに移動していると発表しました。


ビットコインが発明された理由の全てが今私たちの目の前で展開されているようにも思えます。また来たる危機の時期には、世界中の政府が維持のためにお金を印刷し、一時的な利益を長期的な安定性と引き換えにしています。今週予定されているジェイ・パウエル氏の「歴史的な」ジャクソンホールでの演説など、重要なイベントがいくつか予定されていますが、このインフレトレンドが近いうちに終了する可能性は低いと思われます。とは言え、これは仮想通貨が強気となる絶好の機会のようであり、見通しは日々明るくなっています。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。


免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。