仮想通貨市場の価格の暴落と時価総額の急落

Overbit Newsでは、仮想通貨と従来の市場で起きていることをまとめてご紹介しています。

この弱気相場が続く今週はマクロの視点ではなく、最近の市場の価格の動きに重点を置いて解説します。

まず、仮想通貨市場ですが、現在の暴落を先導したのは、仮想通貨市場の基軸通貨であるビットコインで、10,200ドルまで暴落しました。BTC/USDはこれらの損失の一部を回復し、執筆時点では、10,517ドルまで回復しています。

仮想通貨市場で時価総額2位であるイーサリアムはあまり良くありませんでした。ETH/USDは12%の暴落に見舞われ、わずかに回復しただけで、現在では348ドルで取引されています。

仮想通貨市場全体を見ると、過去24時間で時価総額の合計が220億ドル失っています。ETH/USDはこのうち25%以上の割合で、ETH/USDだけで40億ドルの時価総額を失っています。これは一時的な落ち込みになる可能性もありますが、この急落の間に全体的な取引量が急増したことに注目することが重要です。

出来高はここ数週間で平均1,600億ドルでしたが、今回の暴落では1,300億ドルまで下落しました。

これは短期的にベア(弱気相場)が勢いを持っていることを示しています。

BTCUSD

米ドルに翻弄されるコモディティ市場

次に、従来の市場、コモディティ市場を見てみましょう。

仮想通貨市場と同様に、このアセットクラスもUSDのブレイクアウトによって引き起こされた大規模な下落を免れませんでした。

金のスポット価格は約5週間で最も下落し、3.5%近く下落して1882.51ドルとなり、銀は11%も急落しました。

私達は先日、金の不安定な立ち位置について話しましたが、特に現在のUSDの支配的な立ち位置を考えると、このような不安定な動きがあっても不思議ではありません。

このような動きは金やコモディティに限ったことではありません。パンデミック規制強化に対する懸念が高まったことと、米ドルの急騰により、株価も下落しました。

Sucden Futuresのマネージング・ディレクター ジャネット・ミラソラ氏は次のように述べています。
「株式は下落し、市場では幅広いリスクオフ感情が広がっている中で米ドルは強まった。今後は、米ドルの継続的な、そして爆弾的な支配を無視することはできない。」

良くも悪くも、こんにちの市場は米ドルの波動に左右されています。

すべての投資家は、アメリカの政治の世界で起こっている出来事、特に財政政策について常に最新の情報を入手しておく必要があります。

パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が火曜日に下院議員の前に姿を現す予定であることから、トレーダーや投資家はその日を無視すべきではありません。

イベントごとの多い最近の市場動向をうまく乗りこなすには、最新情報を入手する以外に、様々な市場においてすぐに動ける準備をすることが重要です。
Overbit.comは現在の市場の投資家・トレーダーの良き受け皿と言えます。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。