週刊のOverbit Newsでは、一週間の特に大きなニュースをいくつか要約してお伝えします。仮想通貨市場の重要なトレンドに焦点を当てるのではなく、単にその週の最も重要な動向を取り上げることを目的としています。


ロシアから今週のエディションを始めていきます。そこでは、仮想通貨の採掘作業(マイニング)は現在、規制圧力によって圧迫されています。デジタル開発、通信、マスメディアの省により先日提案された法案では、政府はロシアのすべての「データセンター」に対し、政府とより緊密になりその活動を報告するよう要求することを計画しています。

公開されているドラフトによると、ロシア政府は「データセンター」をオブジェクトとして定義し、データのストレージ、処理、アクセスを提供するハードウェアをホストする独自のインフラストラクチャを備え、保証されたレベルのアクセシビリティ、セキュリティ、管理を提供します。この広範囲にわたる定義には多数の異なるテクニカルオペレーションが含まれますが、私たちの目的において最も重要なのは仮想通貨のマイニングオペレーションです。


この法案が成立した場合、すべてのマイニング企業は上記のエージェンシーに四半期ごとのレポートを提出する必要があります。ロシア政府は電力消費のために大規模なマイニング企業をすでに認識している可能性が高いですが、それでもやはりこの立法上の決定は重要なマイルストーンです。各国が仮想通貨の独自の法的枠組みを開発するにつれて、世界の他の国々が適応して採択する負担が大きくなります。


さらに仮想通貨市場をカバーし、急増しているDeFi市場を見てみましょう。分散型金融、通称DeFiは、既存の金融界を模倣するというアイデアから始まり、貸出、借入、支出、金利などの分野に対応するさまざまな商品が用意されています。しかし、これらの商品のオープンソースの性質を考え、開発者はこの領域を進化させており、従来の金融界ではほとんど認識されないプロジェクトとなっています。


この変わった新しいシーンの最も代表的なプロジェクトはYFI、Yearn Finance(ヤーンファイナンス)です。その中心にあるプロジェクトは、他のDeFiプロジェクトから高収益を獲得し、その一部をYFIトークンホルダーに返そうというものです。この膨らんだDeFi界のロボアドバイザーのような存在であることから、YFIはここ数週間で急上昇しており、何もない状態から$20,000にまで達しています。アーサー・ヘイズ氏などの著名人は、さらに高いYFIを求めて、ターゲットを$100,000に設定しています。


言うまでもなく、現時点でDeFiは投資家にとって非常に有利です。とは言え、スペースは依然として非常に投機的であることを覚えておくことが重要です。新しいソフトウェアはバグばかり発生することがよくあり、それにより致命的な資金の損失につながる可能性もあります。


最後に、グレースケールを見てみましょう。グレースケールは、世界最大のビットコインおよび仮想通貨のファンドマネージャーです。ニューヨークを本拠地とするこの企業は、過去数年間にビットコインを浸透させるのに大きく貢献してきました。これは50億ドル近くの運用資産(AUM)によって証明されています。


豊富な資金を持つにもかかわらず、グレースケールは手の内に重大な問題を抱えているようです。グレースケールの仮想通貨信託は創業以来、高いプレミアムに悩まされてきました。数パーセントどころではありません。非常に変動の激しい時期には20%から1000%の範囲で移り変わっています。「これらの信託は単一の資産のみに基づいているため、長期的にはその原資産を上回ってはならない」とアーケイン・リサーチ(Arcane Research)のアナリストであるVetle Lunde氏は述べています。


これらのプレミアムは特に、そのようなお金を払っていることさえ知らない投資家にとって間違いなく重大な問題です。しかしマクロスケールでは、これらのプレミアムは、機関側の仮想通貨に対する大きな需要を示しています。 主要なヘッジファンドマネージャーのポール・チューダー・ジョーンズ氏率いる著名な投資家の多くは5月、控えめな表現かもしれませんが、ビットコインを「インフレに対する可能な防御」と呼んでいます。Overbit.comでは、コロナウイルスのパンデミックによる経済的被害を緩和するために世界中の中央銀行が実施した並外れた措置の後、状況がインフレでどのように進んでいくかを引き続き観察し、報告していきます。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。