仮想通貨は強気で、世界中の外国為替市場が変化しています

  • 今後の月間デリバティブ契約は仮想通貨が強気に見えます。
  • ジェローム・パウエル議長(連邦準備理事会)の演説が市場を驚かせました。
  • 日本の首相、安倍晋三氏の辞任により、世界中の外国為替市場に影響が見られています。

今週の月曜日のOverbit insightsの始まりとして、市場に影響を与えるマクロトレンドである3つの主要なストーリーを取り上げます。最初のインサイトは、現在BTC / USDは11,000年代半ばにあり、8月のBTC / USDの最後の週のローソクを注意深く監視しているため、来たるビットコイン先物契約の満期日についてです。


週の終値および月の終値が急速に近づいているため、これらの終値の価格は、市場を監視する上で非常に重要なシグナルになります。毎月11,800ドルを超える終値は、市場にとって非常に強気のシグナルと見なされ、ベアを微妙なポジションに置くことになります。次のレッグアップでは、BTC / USDが$12,500を上回ります。これは、BTC / USDが再び$20,000を超える史上最高値へ挑戦している重要な瞬間を示しています。


市場に影響を与える2番目の重要なストーリーは、米国連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長による演説です。毎年恒例の待望のワイオミング州ジャクソンホールの演説で、木曜日にパウエル議長はかなり穏健であり、インフレに取り組む上で米国の経済政策は今後緩和されると発表しました。これは明らかに市場全体に衝撃の波を生み、ビットコインや金などのハードアセットがその週の初めに損失を一部取り消す原因となりました。


興味深いことに、パウエル議長がインフレを2%の目標よりも高くするための戦略を発表したにも関わらず、木曜日には米ドルも上昇しました。しかし、発表時点では、米ドルは新たな売り圧力に直面しているようです。数々の競争相手に対してグリーンバックを定めるDXYは、約2週間の安値で取引されています。


このインフレ政策がどのように米ドルに影響を与えるかを判断するにはまだ早いですが、過去には、このタイプの経済政策が時間とともに通貨を切り下げるためにどう機能したかが示されています。いずれにしても、パウエル議長の新しい政策がデフレ資産にどのように影響するかは明らかです。「パウエル議長はデフレに対する許容度がゼロなため、デフレを阻止するためなら何でもすると示している。それは2つの最もハードな資産、つまり金とビットコインに適している」と、金曜日にグローバルマクロ投資家でリアルビジョングループの創設者兼CEOであるラウル・パル氏はツイートしています。簡単に言えば、ビットコインの強気のケースを強化するまた別の理由です。


今週のOverbit Insightsの締めくくりとして、国際的な金融政策とそれが外国為替市場に及ぼす影響についてお話しします。今週最大の話題の1つは、日本の安倍晋三首相の突然の辞任であり、これはリスクオフを引き起こし、円が上昇するにつれて日本の株やUSD / JPYは下落しています。GBP / USDが上昇し、金と銀が米ドルに対してわずかに上昇しているのを見ると、米ドルに対する価値が上昇しているペアはUSD / JPYだけではありません。


現在の大きなポイントは、米ドルが後退し続けている一方で、ハードアセットと特定の通貨ペアが上昇し続けていることです。この米ドルの撤退の根本的な原因は、インフレの上昇を可能にする連邦準備制度の新しい政策であり、これはおそらく米ドルの長期的な強さにとってベストなものではありませんが、世界中の市場で多くの裁定取引の機会を可能にします。Overbit.comは、世界中へ最大のインサイトを提供し、取引とサービスのオプションの幅を拡大し続けることで、あなたの成長に必要なツールを提供します。


リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。


免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。