今週のOverbit.comによるWeekly Insights、仮想通貨と外国為替市場からいくつかの主要な洞察について話していきます。最初に見ていく外国為替市場は英国市場、具体的には、GBP / USDです。前回リリースされたニュースレターでは、米ドルの急騰について話しました。これにより、対ドルで取引されたほとんどのペアが明らかに低下しました。2020年8月20日、GBP / USDは1.32レベルでのリジェクトポイントまで回復し、その後再びリジェクトされ、ほぼ完全に1.30854に戻りました。しかし、この約定拒否は、米ドルの強さが原因ではなく、安定しないブレグジット交渉によって引き起こされたようです。2020年8月21日、EUとイギリスの報道機関は、先週開催された最近のブレグジット交渉について報告しました。当然のことながら、交渉はどこにも行き着きませんでした。「友好的」で「丁重」な議論であるにも関わらず、BBCは「EUとイギリスはこれまでと変わらず目が合うことはほとんどない」と報告しました。報告によると、両者はイギリスの漁業などの簡単な問題でさえ依然として行き詰まっているとのことです。これらの問題は、現時点では完全に遠く離れていると思われる広範な貿易取引における最もシンプルな構成要素に過ぎないため、GBP/USDの投資家は一旦足を止めることとなりそうです。


ブレグジット交渉の反対側で、ヨーロッパの状況も少しばかり暗いようです。最近の会談後、EU交渉担当者のミシェル・バルニエ氏は、「失望した」「懸念している」と述べた。GBP/USDとは異なり、EUR/USDの外国為替ペアは2020年8月19日以降、ほとんど回復が見られていません。代わりに、それ以降このペアはほぼまっすぐ下落し、約1.5%の損失を被っています。この時点で、EUR / USDの上昇は間違いなく勢いをほとんど失っており、そのような大きなレジスタンスで重くリジェクトされています。これの一部は明らかに米国市場の複雑さにより左右されていますが、多くの非難は単にユーロ圏に置かれるでしょう。Covid-19の感染件数はドイツやフランスなどの重要な国で急上昇しており、これは残りの地域にてトリクルダウン効果をもたらします。加えてユーロ圏PMI、これは各ヨーロッパの国々でサービスと製造の生産高を測定するために使用される調査ですが、ほとんどのアナリストの予測をはるかに下回っており、一部の国では収縮さえしていました。FXStreetは、「IHS Markitは、新規受注の拡大がかなり減速した一方で、雇用削減率が再び加速したと指摘した」と報じています。これは、反対の報道はあるものの、ユーロ圏は多くの地域と同じくらいパンデミックへの対応に苦労していることを意味します。投資家が全面的にリスクを回避しているため、GBP/USDやEUR/USDなどの不確実な外国為替ペアを取引することは、現時点では非常に生意気な動きのようです。


外国為替に関する最後のセクションでは、日本市場とUSD/JPYのペアを見ていきます。前回は、USD対JPYの変化するダイナミクスと、円が安全な資産のままであるにもかかわらず、USD/JPYが投資家にとって不安な時期に回復する可能性があることを最近の分析が示唆していることをお話ししました。これは先週、市場全体が衰退したときにUSD/JPYが例外の一つであったことで明らかでした。それ以来、USD/JPYは少し遡って現在105.758にあります。いくつかの分析はペアが2019年7月の安値であった104にまで下落する可能性があることを示唆しています。今後は、このペアの相関を考慮して、投資家のリスクセンチメントに目を見張ることが重要になります。さらに、取引における最悪のシーズンから脱出している今、シーズンの移り変わりに目を向けるべきです。 DailyFXのアナリストの1人は、このシーズンの変化が日本円に利益をもたらすと考えており、「季節的なボラティリティは、今後数週間で日本円が主要なカウンターパートを上回る可能性があることを示唆している」と述べています。


デジタルドルと中央銀行のデジタル通貨が急速に拡大しているため、ビットコインとイーサリアム(BTC / USD)はどちらも執筆時点で興味深い価格帯にあります。このデジタル元は、連邦準備制度からの最近のニュースによると、数年(2022年、2023年)でアメリカがデジタルの領域に米ドルを持ち込もうとする試みとはまったく対照的です。デジタル米ドルの影響を表現するのは難しく、アメリカ政府はFacebookのLibraプロジェクトや他の国、あるいは民間企業にさえも遅れをとらないように急いでいます。


最近のCNBCは、元インド準備銀行総裁であるラグラム・ラジャン氏は、FacebookのLibraプロジェクトとビットコインの両方が、国が支援する中央通貨とのほぼ直接的な競争として機能する可能性があると述べました。今後10年間、通貨戦争(国家支援、企業支援の両方と、「​​ムーブメント」の支援)に悩まされ、今後数年間で衝突する可能性がありますが、より多くのオプションが消費者にとって良いと主張する人もいます。結論として、今は通貨を取り巻く、世界で起きている出来事に注意を払う絶好の機会です。そして、市場のプライスアクションの要約を簡単に示すと、ETH / USDとBTC / USDはどちらも短期的な弱気トレンドにあり、それぞれ12,000ドルと400ドルの両方の主要なサポートレベルで跳ね返っていますが、今のところ、これら2つの重要な仮想通貨のマクロトレンドにはまだ強気です。


BTC / USDは現在11,000ドルの半ばにあり、11,525ドルと11,900ドルが12,000ドルに戻る途中の強力なレジスタンスポイントとして機能していますが、BTC / USDがさらにブレイクダウンすると、10,000ドルのレンジに新たなサポートが見られるでしょう。そして、ETH / USDペアで締めくくると、現在のレベルからの継続的かつ短期的な下落の動きが見られ、380ドル、370ドル、または350ドルのレンジで強力なサポートに向かっていると推測されます。時が経てばわかりますが、今のところ、仮想通貨ブルマーケットの「健全なリトレースメント」サイクルが可能になりそうです。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。


免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。