業界を牽引してきたデリバティブ取引所BitMEXシニアメンバー起訴を受け、市場は大きく下落するもすぐに持ち直す

今週のOverbitInsights最初の話題は、先週起こった今年最大レベルのニュースの一つについて掘り下げます。

10月最初の朝、米国当局が仮想通貨市場に爆弾を投下しました。

ニューヨーク南部地区連邦地方裁判所(SDNY)は、仮想通貨業界全体で最も人気のあるデリバティブ取引所であるBitMEXの4人のシニアメンバーに対して、とりわけKYCプロトコルに違反したとして起訴状を発行しました。

「BitMEXは、マネーロンダリングと制裁違反の手段として利用できるようになった」と木曜日に発表された起訴状には記載されています。

CoinDeskの報道では、噂によるとこのような内容は、銀行秘密保護法やKYCプロトコルの単純な違反をはるかに超えた、より大きな起訴が将来的に行われることを示唆しているといいます。

これらは今のところ噂に過ぎませんが、一部ではBitMEXが北朝鮮やイランのような国への入り口として機能していたと言われています。

これが本当ならば、BitMEXおよび関連するすべての人にとって絶対的な惨事を意味します。

想像通り、市場はすぐに大きな下降ローソク足で反応し、BTCUSDは1万ドル台の高値から1万ドル台の低値になりました。

多くの人はこのニュースの後、仮想通貨市場の崩壊を恐れましたが、ビットコインはすでに10月1日の下落分のほとんどを取り戻し、安定しているため、そのような悪いニュースに対して少し回復力を増しているようで、機関投資家は平静を装っているように見えます。

機関投資家がビットコインガチホ勢に

仮想通貨分野のトップ研究グループであるZubrは最近、「機関投資家がビットコイン先物市場でガチホ勢になった(Institutional Investors Turn ‘Hodlers’ on Bitcoin Futures Markets)」と題した新しい分析を発表しました。

この新しいレポートでは、機関投資家の過去1年間の取引活動とその基礎となる傾向を詳細に分析しています。

Zubrによると、ビットコイン先物取引は昨年4兆ドル以上に達し、主にCMEやBakktのような規制された機関投資家向けの取引所での成長に牽引されました。

さらに、これらの取引所での建玉は、特に取引量と比較すると成長を続けており、高い水準を維持しています。

これは、ビットコインの微小な価格変動に必ずしも関与していない投資家からの長期的なエクスポージャーが高いことを示唆しています。

レポートには多くのデータが掲載されていますが、重要なポイントは次のような点です。

過去1年間、投資活動は機関投資家の関心の高まりに拍車をかけられ、さらにはそれに支配されてきました。

ミクロスケールでのビットコインの浮き沈みを予測することは誰にもできませんが、一つ確かなことがあります。

数百万ドル、時には数十億ドルを扱う大規模な機関投資家は、ビットコインと仮想通貨市場全体に賭けを続けています。

どんな価格変動やニュースサイクルにもかかわらず、私たちはこれらの人々がマクロな時間枠で正しい賭けをしていると信じています。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。