ビットコインが帰ってきた:あなたのサインはこちらです

  • アメリカ最大のファンドマネージャーの1つであるフィデリティがレギュレーションDを申請し、新しいビットコインベースの金融商品の投機を促しています。
  • イーサリアム(ETH)の成長に注力するブロックチェーンテクノロジー企業で、ニューヨークを拠点とするブルックリンのConsenSysは、イーサリアムプロトコルのエンタープライズデリバティブまたは実装として機能することを目的としたJPMorgan(NYSE:JPM)クォーラムを買収しました。
  • 外国為替市場は、株式市場の強い動きを無視して本日も範囲内にとどまっており、金と石油に注目が集まっています。


本日のOverbit Weekly Close-outでは、水曜日のOverbitニュースと同様に、仮想通貨に対する機関の関心についてのテーマがニュースサイクルを支配し続けていることがわかります。


今週の最大の話題は、フィデリティ・インベストメンツがビットコインベースの金融商品についてレギュレーションDの免除を米国証券取引委員会(SEC)に申請したことです。素人の言葉で言えば、これは世界最大の投資グループの1つであるフィデリティがまもなくビットコインインデックスファンドを投資家に提供することを意味します。レギュレーションDの適用免除の申請は、金融機関がSECの承認なしに証券を提供できるようにするためのものです。


この基金に関する詳細はほとんど発表されていません。私たちが現時点で確実に知っているのは、このファンドはワイズ・オリジン・ ビットコイン・インデックス・ファンド(Wise Origin Bitcoin Index Fund)として知られていることと、最低投資額は100,000ドルであることです。フィデリティは8.3兆ドルを超える顧客の資金を管理しているため、そのような資金が仮想通貨市場に与える影響は言うまでもありません。


詳細はまばらですが、機関投資が急速に拡大していることは明らかです。フィデリティ自体は最近、ビットコインを「価値の願望貯蔵庫」と名付けました。これは、ビットコイン市場へのこの大きな一歩によって証明されました。このようなコメントと投資は2020年表面化し続けており、最近では、ビリオネアヘッジファンドの創設者であるPaul Tudor Jones氏が自らの純資産の1%がビットコインにあると述べています。


この機関的関心はテクノロジー面にも見られるようです。イーサリアムプラットフォームを主に担当するニューヨークベースの仮想通貨プラットフォームであるConsensysは、イーサリアムブロックチェーンのエンタープライズバリアントであるJPMorganのQuorumを買収しました。報告によると、これら2つのエンティティは、イーサリアムの始まりから絡み合っており、共同作業の幅が広いことを示しています。関係が最終的にどうなるかはまだ不明ですが、金融機関が事業をブロックチェーンに移行するという考えは必然的なようです。

今週は外国為替市場で締めくくります。米ドルが明確な方向性を見つけられずもがいているにもかかわらず、通貨ペアは引き続き狭いレンジで取引されています。現時点では、外国為替トレーダーはバイアスの確認を求めていますが、連邦準備制度理事会のジェロームパウエル氏による今後の政策変更に目を向けると、第四四半期の彼の新しい政策は、USD / JPY、GBP / USD、およびEUR / USDペアの上昇(または下降)を大きく左右するようです。


対照的に、中央銀行の通貨ペアの変動を広く無視すると、BTC / USDと金を含む「ハードアセットクラス」は引き続きマクロの強気に見えます。中央銀行関連の驚きを除けば、今後1〜2年にわたってハードアセットの強気なマクロトレンドが見られる可能性があり、投資家が資産の一部をこれらのハードアセットに移動させるのを目の当たりにすることになりそうです。


Overbit.comでは、仮想通貨や外国為替、および金&銀ペアの他、毎月新たなペアを追加して提供しており、代替投資手段を探し続けている新しいトレーダーや投資家の増加をいつでも歓迎しています。


リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。


免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。