今週の「Wednesday Worldview」エディションでは、仮想通貨市場に焦点を当てていきます。ビットコインから見ていくと、下落が9,000ドルのレベルを下回って以来、BTCが上昇を続けていることがわかります。7月6日、BTC/USDは約10日間で初めて9,300ドル以上で取引されました。BTC/USDペアは、買い手が現在の月間高値9,300ドル以上を打ち破ることができれば、9,5000ドルのエリアに向かって回復するでしょう。中期の強気派は、9,500ドルのレジスタンスレベルを乗り越えると、9,800ドル以上をターゲットにし始める可能性があります。

ETH/USDに移ると、このペアはこの24時間で3%を少し上回っています。これにより、ETH/USDペアのデイリーチャートチャートが上昇傾向にあり、資産が従来のEMAを上回っているのがわかります。イーサリアムは現在、1日の12EMA(229.63ドル)と26EMA(229.8ドル)を大幅に上回った後、235ドルで取引されています。ETH/USDはまた、7月1日に最後の1日の高値として確立された232.80ドルのレジスタンスを打ち破りました。これは、デジタル資産が現在、日々上昇傾向にあることを意味します。BTC/USDは6月27日の下落後に回復し、オンチェーンとDeFiのアクティビティが増え続けているため、イーサリアムの下降が勢いを失っているようです。

従来の金融に戻り、まずは市場を見ていきましょう。最も驚くべきニュースは、ユーロがすべての主要なペアに対して強気だったことです。統計面では、ユーロ圏の小売売上高は、前月に12.1%減少した後(-11.7%から修正)、5月の予想よりも17.8%回復しました。GBPはユーロと同じ傾向を続け、金曜日の上昇を1.2438から引き伸ばしています。同様に、USD/JPYは日本政府が予想されたよりもはるかに悪い経済データを発表した後も十分に持ちこたえました。日本の鉱工業生産は、主に自動車メーカーが生産を削減したことにより、5月に8.4%減少しました(-5.7%予想)。USD/JPYは昨日見られた107.04の安値から回復した後、上にとどまっています。これらの通貨はすべて、アメリカドルが大幅に下落している中で恩恵を受けているようです。

このアメリカドル安にもかかわらず、ナスダック、S&P、およびダウジョーンズはすべて、数パーセント上昇しており、米国株式および株式市場は全面的に回復しました。株式に関しては、投資家は中国、アメリカ、その他の国々からのポジティブなニュースに影響を受けています。アメリカを見ると、先週の6月の雇用レポートから、予想の180万人をはるかに上回る480万人の給与が追加されたことがわかります。

新しいデータに裏打ちされたように、今週続々と届く新しい仕事と製造業の増加に関するニュースから、世界経済が全体的に非常に良い状態に向かっていることは明らかです。しかし、市場での短期間の迅速なシフトはトレーダーが大金を稼ぐことができるタイミングではありますが、時折市場のシフトにおける最善策は、何もしないことか、またはジェシー・リバモアはよく「長いときと短いとき、何もせずに釣りにでも行くときがある」と言っています。そして今週はちょうど釣りにでも行く時間なのかもしれません。

では最後に、複利投資のメリットに関するウォーレン‧バフェットのすばらしい名言をもう1つお伝えします。「理想的なビジネスは、非常に高い資本収益率を獲得し、その高い収益率で多くの資本を使い続けるビジネスである。これは複合機械となる。」

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。


免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。