今週の「Wednesday Worldview」は、いつものように、アメリカと世界のその他の地域との間の経済状況における動きを見ていきます。数か月にわたる下降トレンドの後、米ドル指数(DXY)にようやく最低限の上昇を見られたようです。DXYは、7月31日金曜日の底値から上昇を続けており、現在、94.00のレジスタンスレベルをわずかに下回っています。一部のトレーダーは、単純にこのはね返りに安堵するかもしれませんが、DXYトレーディングは過去数週間、極めて売られすぎた状態であることを覚えておくことが重要です。いずれにせよ、アメリカドルは間違いなく金融分野で注目と勢いを取り戻しているため、ドルのトレンドが確立されるまで、米ドルペアを取引する際には警戒する必要があります。


イギリスポンドに移ると、GBP / USDが過去数日間の1.3170前後の複数月における高値から下落したことがわかります。先週金曜日のUSDの回復により、GBP / USDは不安定な取引セッションを見せた後、1.3070レベルに落ちています。ファンダメンタルレベルでは、今週木曜日に行われるイングランド銀行の最新の会議に目を見張ることが不可欠です。一部のアナリストは、この会議によりGBP / USDが次に向かう方向が明確になるので、それまでトレーダーは待てば良いと考えています。1.30のサポートの突破は、通常中立的または弱気なローソク足であるのに対し、先週金曜日の流れ星のようなローソクの場合は信用できませんが、現段階でデイリーチャートは良好です。


しかし、近頃のグリーンバックの強さの影響を受けたのはGBP / USDの外国為替ペアだけではないようです。EUR / USDペアを見ると、ユーロもまた金曜日に下落し始めて以降、1.175のレベルでのコンソリデーションが見られます。過去のプライスアクションを見ると、この地域はサポートとレジスタンスの両方に歴史的な重要性を持っていることがわかります。とは言え、EUR / USDがこのレベルまたはその付近にて次の動きが見られることが期待できそうです。今後の重要なサポートとレジスタンスは、それぞれ1.15と1.20前後です。EUR / USDがどちらかに動く前に、トレーダーはおそらく、特にユーロの近頃の数か月の高値の後、少なくとも数回のコンソリデーションの取引セッションを見ることになりそうです。


USD / JPYに移ると、このペアは最近のUSDの上昇による影響が最も少ないことがわかります。USD / JPYが約2年前から下落傾向のコンソリデーションパターンにあるという事実を考慮すると、これは当然のことと言えます。USD / JPYは106円のレベルを若干上回る小さな回復がありましたが、このポイントを過ぎて歴史的なレジスタンスがありました。


仮想通貨、BTC / USDを見てみると、過度なロングにより引き起こされたと推測される日曜日のフラッシュクラッシュ後に価格が回復したことが確認できます。10,000ドルを超える新しいサポート地域が形成されているため、この強気な11,000台への回復は、BTC / USDにとって大きな意味を成します。ブルの勢いが続く場合、BTC / USDが11,500ドルのマーカーを勢いよく破り、史上最高の20,000ドルの未知の領域へと進むのを見ることができるかもしれません。マクロトレンドにより、BTC / USDは1日でも、週間でも、月間でも強気に見えます。


最後に、プライスアクションがBTC / USDと同じくらい強気であるETH / USDを取り上げます。DeFiの根本的なテーマは、一部の「ビットコインマキシマリスト」の考えに反し、ETH / USDはこの場所にとどまり、ここから成長していくだけだという噂を後押ししています。近頃の大規模なETH / USDのラリーはRSIを85以上に押し上げ、BTC / USDでも見られたようにわずかな修正をもたらしましたが、回復ラリーがすぐに始まりました。一部のトレーダーが言うようにトレンドは良き友であり、市場においてどんな状況にいようと、Overbit.comはいつでもあなたの相手をします。


「最後に曲がる時を除き、トレンドは友達である。」 - エド・スィコータ

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。


免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。