先月Overbitは、トレーダーの取引に影響を与える好みや行動パターン、動機となる要因を詳しく分析するためにトレーダーアンケート調査を行うことを発表しました。当社はその反応に圧倒されました。世界5大陸の90か国で2,500人以上のトレーダーがアンケートに参加し、非常に信頼性のある結論を導き出すことができました。協力してくださったトレーダーの皆様、ありがとうございました!詳細については以下の記事をご覧になるか、公式のプレスリリースを確認、またはアンケートの全文をこちらからダウンロードしてください。

Overbitトレーダーアンケート調査レポート


当社は取引関連の決定を行う際に仮想通貨トレーダーに影響を与える主な要素を理解したかったのです。これを行うにあたり、当社は2週間にわたって、3つの主なカテゴリーから30の質問を含む広範なオンラインアンケート調査を実施しました。

  • トレーダーの経歴
  • トレーダーの好み
  • トレーダーの行動パターン

トレーダーの経歴

当社はトレーダーの戦略や判断、好みのタイプを集計する際に、トレーダーのバックグラウンドを考慮することが重要であると考え、このカテゴリーを設けました。

アンケート調査のこのセクションでは、トレーダーの年齢や学歴、自身のレベルを初心者、中級、上級、またはプロとして認識しているかなどを尋ねました。また、トレーダーが仮想通貨取引においてどれほどの経験があるかについても尋ねました。仮想通貨取引において、大半は1年強(73.3%)の経験があり、一部のトレーダーは2年以上、その他のトレーダーは6か月未満でした。年齢においては、ほとんどのトレーダーは35歳~44歳の年齢層に属していることがわかりました。

高等教育に関する限り、ほとんどのトレーダーは少なくとも大学を修了していますが、高い学歴は成功を収める上で必須条件ではないことがわかりました。初心者トレーダーの約56.84%は最終学歴が高等教育となっています。

取引は依然として誰にとっても非常にオープンなものであり、大学を出ているか否かに関わらず、この分野で成功を収めることが可能であることを示しています。

トレーダーの好み

このセクションでは、トレーダーが好むマーケティングキャンペーンのタイプから、取引する暗号資産のタイプ、使用している取引所やデバイスまで、あらゆるエリアにおけるトレーダーの好みを調査しました。

当社は非常に豊富な情報を集めることができました!主な発見の一部は、ほとんどのトレーダーが平均して3つの取引所を使用していることです。これは、すべての暗号資産がすべての取引所にリストされているわけではないからです。初心者からプロまでの全取引グループにとって、取引所を選択する上での上位3つの基準は、セキュリティ、入金/出金速度、およびサーバー接続です。

興味深いことに、特にプロトレーダーの間では、取引所が適切に取り締まられていることが重要なようです。 CEOのチー・リュウ氏はこうコメントしています。「プロトレーダーの場合、取引所が規制されているかどうかも重要な要素となっています。それはおそらく自分自身、またはクライアントに代わり大量に取引を行う必要があるためです。」

優先的に使用する取引デバイスに関しては、ほとんどのトレーダーは依然としてPCでの取引を好むことがわかりました。しかし、特に初心者および中級トレーダーの間では、モバイルアプリへの高い支持も見られました。

Overbitアンケート調査の回答者の大半は、スタンダードな仮想通貨での取引のみを行っていると述べています。約47%は、仮想通貨先物、オプション、スワップ、フォワードや差金決済(CFD)などの製品で仮想通貨デリバティブ取引をしています。

トレーダーの行動パターン

最後に、取引の時間帯や最もアクティブな時間、好まれる暗号資産などのトレーダーの行動パターンを調査したところ、驚くべき結果が出ました!

当社は、プロのトレーダーは日中最も多くの時間を費やして積極的に取引に取り組んでいるという仮説を立てていました。しかし、データは逆の結果を示しま​​した。これにより、プロトレーダーは量よりも質を好むため、一日あたりの取引数が少なくなるという結論にたどり着きました。

上級トレーダーとプロトレーダーに関する興味深い事実もいくつか明らかになりました。大多数のトレーダー間でBTCは圧倒的人気を誇りますが(82.5%は暗号資産の一部をBTCに保有し、次にETHとXRPが続く)、上級およびプロトレーダーは資産をテザー(USDT)に保持することをより好みます。

Overbitは先日、ユーザーがボラティリティが高い際のリスクを減らし、テザーに資産を保持できるように、新しくUSDTのデポジットオプションを追加しました。この機能により、当プラットフォームはより高度で専門的なトレーダーにアピールできると確信しており、調査結果はこの決断を非常に後押ししています。

また、BTCを使用して外国為替やコモディティなどの従来の市場で売買ができる高レバレッジプラットフォームに惹かれて集まったスポットトレーダーの関心を引くことも目指しています。実際に、調査に参加した仮想通貨トレーダーの41.05%は外国為替も取引をしていました。

この数値は初心者トレーダーの間では63.4%とさらに高く、多様な仮想通貨取引への関心を潜在的に示しています。

さらなる調査結果と分析について詳しくまとめたレポートをぜひお読みください。皆様のご協力と、ご提供いただいた深く質の良い回答に再度お礼申し上げます。