あなたがビットコインを追っているなら、ビットコインネットワークにおいて先週一大イベントが起こったことをすでにご存知でしょう。そうです、ビットコインネットワークの歴史の中で3度目となるビットコイン半減期を迎えました。

ビットコイン半減期とは何か?

ビットコインの半減期は、マイニングにおいて完了したブロックごとに生成された報酬が半分になるビットコインネットワークのイベントのことです。同時に、毎分発行される新たなビットコインの量も半分になります。

始まって以来のビットコイン半減期の歴史

2012年に、初のビットコイン半減期を迎えました。最初のビットコイン半減期では、毎分発行される新しいビットコインが50から25に減少しました。2016年には、ビットコインネットワークの歴史において2度目のビットコイン半減期が発生しました。10分ごとに発行される新しいビットコインは、25から12.5へと半減しました。先週、3度目となるビットコイン半減期を迎え、10分ごとに発行される新しいビットコインが、12.5から6.25になりました。

お気づきのように、ビットコイン半減期はおおよそ4年ごとに開催されるイベントです。厳密な規則はなく、実際には完了したブロックの数(つまり21万ブロック)によりますが、次回のビットコイン半減期は2024年に84万ブロックで発生すると推測されています。

なぜビットコインが半減するのか?

さて、ここで出てくる疑問は、なぜビットコイン半減期が発生するのか?ということです。ビットコイン半減期の目的は、ビットコインの総供給が、仮想通貨を最初に作成したときにサトシ・ナカモトが設定した上限である2100万BTCを超えないようにすることです。ビットコインを半減しなければ、ビットコインはその限られた供給量を制御することができないのです。したがって、ビットコイン半減期は、ビットコインネットワークに2100万BTCが存在することを保証するために必要となるイベントです。

仮想通貨マイナーにとってビットコイン半減期は何を意味するか?

ビットコインの半減期が発生するたびにマイニングの報酬が半減するため、仮想通貨マイナーの収益とマージンに影響が出ます。これは特に、マイニングの電力および運用コストがビットコイン半減後のマイニングからの収益よりも高い場合です。一部のマイナーは、利益にならない無駄な時間や労力を取られる場合に閉鎖を余儀なくされる可能性があります。

このため、ビットコインネットワークにはハッシュレートの影響もあります。ご存じではない方のために言うと、ハッシュレートはビットコインネットワークの処理能力の測定単位です。効率の悪い一部のマイナーが運用を停止せざるを得ない場合、トランザクションをハッシュおよび検証するマイナーは少なくなります。したがって、これはハッシュレートに悪影響を及ぼします。ビットコインの半減以降、ビットコインネットワークのハッシュレートは、毎秒103エクサハッシュ(exahashes)から87エクサハッシュに低下しています。

仮想通貨トレーダーにとって半減期は何を意味するか?

現在進行中のビットコイン半減期は、仮想通貨トレーダーにとっても重要な意味を持ちます。

ビットコインの価格に短期的な影響はありませんが、ビットコインの半減は、ビットコインの供給が今後減少することを示しています。基本的な経済学の知識に基づくと、他の条件が同じであれば供給が減少するとビットコインの価格が上昇します。これは、ビットコインの価格がビットコイン半減期後も上昇し続けた、以前の2度のビットコイン半減期より観察できます。

ビットコインの価格は引き続きビットコイン半減期後に上昇するのか?

純粋な需要と供給からなる要因に加えて、他にもビットコイン価格の上昇に貢献した要因がありました。

2012年、ビットコインの価格はビットコイン半減期後に上昇しましたが、ビットコインの価格上昇のペースは近年と比べて落ち着いていました。それは、その時点では仮想通貨の取引所があまりなかったためです。加えて、ビットコインのマージン取引もまだ存在していませんでした。その後の2016年のビットコイン半減期では、メディアがビットコインにスポットライトを当てて注目し始めたため、ビットコインは過去最高の19,891USドルにまで上昇しました。

そして現在、2020年に3度目のビットコイン半減期を迎え、ビットコインの価格はどちらの方向に進んでもおかしくはありません。一方、仮想通貨市場でビットコインを取引しているトレーダーは以前よりもはるかに多く存在します。同時に、Bitcoin.comによると、マイナーの約30%がシャットダウンしたため、一部のトレーダーは、ビットコイン価格がビットコイン半減期後に上昇するという過去と同様の動きが続くと信じています。

その一方で、一部のトレーダーは1万2,000USドルが強いレジスタンスレベルと見ています。そのため、市場は突破口が開かれるのを待っているため、ビットコインの価格は現在のレベルと1万2,000USドルの間で横ばいを続ける可能性があります。

出典:Overbit

ビットコイン半減の1週間後にビットコインはどうなるか?

出典:Overbit

テクニカル分析の視点より、ビットコインの価格が8,500USドルのサポートをテストしようと試みたことがわかります。しかし、ビットコイン半減期の後に価格は回復しました。ビットコインは、2020年5月11日のビットコイン半減の数日後に、突破できなかった1万USドルのレジスタンスを再びテストするために力を取り戻しています。

仮想通貨トレーダーはビットコインにおいて次に何をすべきか?

トレーダーが今後のビットコインの動きを利用できる機会は複数あると考えられます。これは特に、近年の仮想通貨デリバティブ市場の進化に伴っています。

たとえば、トレーダーはビットコインの価格の変動から利益を得るために、パーペチュアルスワップを使用してレバレッジをかけたロングまたはショートのポジションを取ることができます。これは基盤となるビットコイン資産なしで行うことができます。

ビットコインを持つ人は、オプションなどのデリバティブを使用し、デリバティブ市場を通してビットコイン価格の下落を防ぐことができます。それだけでなく、屈強なデリバティブ市場では、ビットコイン価格に対する市場予想のコンセンサスやシグナルを得る機会も与えられます。これは、短期的に次のビットコインのトレンドを予測するのに役立ちます。

仮想通貨トレーダーの場合は、仮想通貨デリバティブを使用して今後数か月のビットコインの価格変動から利益を得る方法を確認するために、市場を調査するようにしましょう。

仮想通貨デリバティブ市場へのアクセスをお持ちでないですか?Overbitの無料アカウントに登録して、いつでもどこでもレバレッジ付きのデリバティブ取引を始めましょう

リスク警告

*証拠金取引は高いリスクをもたらします。必ず取引の前にリスクについてご理解頂き、それから取引を始めてください。そして必要に応じては専門家にアドバイスをお求めください。

*Overbitのサイト上にある全てのコンテンツは、特定の国の居住者を対象としたものではありません。