国際金融市場は常に変化しており、何百もの異なる市場にて毎日数兆ドルが取引されています。これらの巨大な市場は、トレーダーや投資家があらゆる角度からの情報に絶えず翻弄されていることを意味し、平均的な位置を保つことはほぼ不可能に等しいです。 週刊エディション「Saturday Sit-down」における私たちの目標は、飛び交う無駄な情報を取り除き、読者が必要とする国際金融の世界における絶妙な考察を提供することです。

デジタル資産市場を見ると、明らかにオプティミズムがあります。6月27日の価格下落後、ビットコインは回復の兆しを見せ続けています。ボリュームとチャートから、ビットコイン(BTC)への売り圧力が8,825ドルを下回っていないことがわかります。多くのアナリストがこの内訳をビットコインオプション市場の記録的な期日を引き起こすと考えており、このような記録的な出来事の後は、安定した価格と比較的低いボラティリティが見られることが予想されます。

2番目に大きな仮想通貨であるイーサリアムを見ると、同じくオプティミズムがあることは明らかです。一部の人々は、ビットコインよりもイーサリアムが楽観的である理由が多いと主張する、またはしているでしょう。ディクリプトの「ビットコインはイーサリアムの引力により曲がっている」や、フォーブスの「イーサリアムは月に行く」などの最近の記事がこの事例に脚光を浴びせており、イーサリアム周辺においてどれほどのアクティビティが起きているかを強調しています。

中心となるテーマは、分散型金融市場またはDeFIの急増です。DeFiは、ビットコインを担保として使用し、借入や貸付などの金融システムにつなげる場所をユーザーに提供します。先導的なプロジェクトには、BTCの担保の保有を約5億7000万ドルに増加させた、Compoundが含まれます。イーサリアムの世界では、毎日新しいプロジェクトやオファー、サービスが続々と登場し、チェーン上に構築される活動が爆発的に増加しています。その結果、イーサリアムの手数料は2年ぶりに高値となりました。

ここまでで取り上げたイーサリアムを取り巻く強気の活動や考えを考慮すると、イーサリアムチャートを見たときに大きな強気のローソクが表示されていないことに驚かれるかもしれません。イーサリアムの価格の動きはビットコインと著しく似ており、ボラティリティは低く、統合はやや下向きです。イーサリアムは0.025 BTCのレベルを取り戻そうとしており、ビットコインとより密接に比較すると、実際には価値を失っています。

しかし結局のところ、投資家がいつどのように市場が変化するか予想した通りに実際になるとは限らないということを覚えておくことが重要です。とは言え、イーサリアムが仮想通貨セクターにしっかりと定着している(そして拡大している)ことは明らかです。投資論文に仮想通貨のファンダメンタルズが含まれている場合、イーサリアムは日々有望と見られています。

外国為替市場に話を移すと、USD / JPYが1.381%の変化により1週間で最も重要な利益を上げ、108.15円の上昇目標から107.458円に落ち着いたのがわかります。これらの動きは不規則ではなく、国際金融の変化に向けた傾向と世界的な外国為替市場の傾向のシフトチェンジです。

次にGBP / USDで、1.2300を突き抜け、その後、ペアは約1.2370に統合される可能性があります。これらの範囲が下がると、市場は1.2300まで下落を続け、サポートの次のレベルにまで下落する可能性があります。

次に、EUR / USDは1.1260となっており、その後1.1215に向かって低下し、その範囲に新しい統合範囲が表示される可能性があります。ヨーロッパ周辺でのブレグジットをめぐる世界的な不安が募り、投資家がUSDのような「より安全な資産」に移行し続けると、市場は1.117または1.1144に下がる傾向が見られるでしょう。

全体として、FX市場およびその他のコモディティは、現存する「最も安全な」資産の1つとして知られているため、グリーンバックに対する価値の低下が続いています。これはアメリカドルに無限に回復力があることを意味しているわけではありません。適切な例として、連邦準備制度は国際市場に新しいマネーサプライを継続的に追加し、低金利が続いているため、将来のグリーンバックに対するマクロの修正が見られる可能性がありますが、現時点では「現金は王様」であり、アメリカドルは世界の金融市場の宝石のような存在です。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。


免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。