本日、オーバービットでは、国際金融市場において過去1週間に起きたことについて話していきます。トップゲイナーとルーザー、およびいくつかのトレンドに焦点を当てます。さっそく見ていきましょう!

5月上旬以降、ビットコインは$ 1万を超えることができませんでした。 6月11日、9,100ドルに下落した後、横向きの傾向が始まり、これも市場に恐怖をもたらしました。 ビットコイン(BTC)の価格は$ 9,300の価格ポイントを取り戻し、トレーダーの中にはボラティリティが高まると予想しているトレーダーもいます。

大きく見ると、国際市場は過去数週間で得た勢いを少なからず失っているようです。水曜日のアメリカ株式市場では、ナスダックが2.2%低下、S&P 500が2.6%低下、ダウ平均株価が2.7%低下しています。これらの損失は、前週のほぼすべての利益を一掃しました。

アメリカの株式市場に加えて、国際原油価格も水曜日の朝に急降下し、5%以上下落しました。投資家のほとんどが理由として「第二波」を挙げており、中国、ラテンアメリカ、アメリカを含む多くの国がこのケースの急増を報告しています。

これらの進展を受けて、国際通貨基金(IMF)は、世界経済見通しの再評価を決定しました。以前は、世界のGDPは3%減少すると予測していましたが、6月24日水曜日に、IMFはその数字を5%に修正し、コロナウイルスが「世界的活動に前例のない衰退」を引き起こしたと述べました。

現在の状況は厳しいように見えますが、全体として国際金融市場は、世界的な封鎖が解除されるにつれて回復していくと考えられます。

これらの従来の市場変化の間でも特に影響を受けていないのは、ビットコインなどの新しいデジタル資産です。グレイスケールの投資により、先週からビットコイントラストに18,879 BTCが追加され、半減以来合計で53,588 BTCになりました。 同時に、ビットコインマイナーは先週から7,081 BTCしか生産していません。 グレースケールはまた、エーテルを買い求めています-彼らのETHEファンドは現在、エーテルで3億9,600万ドルを所有しています。今後もこのような分野は大きな成長が見られると考えられており、私たちOverbitのチームでは、このユニークなオーディエンスに対応するサービスを提供する準備が整っています。

歴史:

今日の金融史では、ビットコインの価格は約$9,200USドルですが、わずか3年前の2017年6月のビットコインの価格範囲は$ 2,000〜$ 3,200USドルでした。これは、価格が300%以上増加したことを表します。

知っていますか?

金融デリバティブは1万年以上存在しています。金融デリバティブの歴史についてもっと知りたいのなら、それはとても素晴らしいことです。「デリバティブの歴史」というタイトルが付けられたこの詳しいレビューをチェックしてください。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。


免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。