先週のSaturday Sitdownエディションは、「ビットコイン(BTC)への売り圧力が8,825ドルを下回ることはなかった。」という内容でした。本日、動きのその後を見てみると、BTC/USDが9,400ドルの範囲に跳ね上がったことがわかります。 BTC/USDにおけるこの価格変動は、仮想通貨エコシステム全体を飛び交う強気な姿勢へとつながっています。

BTC/USDに続いて、ETH/USDの楽観論は上がり続けています。これら2つの重要なデジタル資産、およびそれらにペッグされた資産全体で、極端な強気と相関するボリュームが見られます。仮想通貨市場でついに新しくボリュームとボラティリティが確認できたため、今週、TikTokやTwitter、その他のソーシャルメディアプラットフォームなどのチャンネルを通じて、仮想通貨への関心が爆発的に高まっていることは一目瞭然です。

先週取り上げたように、全体を通して爆発的なテーマはDeFiです。そして、ETH/USDはこれらのDeFiトランザクションで使用される主要な担保であるため、ETH/USDブロックチェーン全体で週に数百万ドルの段階まで継続的な成長、関心、および活動が見られました。

DeFiを取り巻くこの高いレベルの経済活動は、イーサリアムブロックチェーンやそのユーザー内に限られたことではないと言えます。CoinDeskは6月、ビットコインからイーサリアムに約8,000万ドルが移動したと報告しました。莫大な金額ではありませんが、この傾向は、ブロックチェーンおよびブロックチェーン間の金融においてなにか大きなものが始まる予兆となるようです。長年にわたりコイン固有の「マキシマリズム」について議論している方もいますが、非常に多くの人々は自らのお金で採決し、特定のチェーンに縛られない金融システムにオプトインしています。

従来の市場に目を向けると、仮想通貨市場に比べてペースの変化がはるかに遅くなっていますが、これは前者に何のアクションもないということではありません。GBP/USDでは、1.2580の上昇波が終わりに近づいているのを確認できます。これはGBP/USDの強気な動きで、先週金曜日の高値を追い越しました。しかし、この短い時間枠の動きは現在終了しているため、GBP/USDは別の強化期間に突入しています。前週のUSD/JPYペアは、その週で最も重要な利益を上げているのを確認できました。現在、このペアはこの107.50の範囲で引き続き停滞しています。日本の公共または民間機関から今後重要なニュースが届かない限り、この構造は崩壊し、終わりを迎える可能性が十分にあります。

週末に向かうと、EUR/USDは1.1250に向かって修正されますが、景気回復に関する継続的なEU協議からポジティブなニュースが出ることにより、より高いトレンドを再開する態勢が整っています。このEUR/USDの上昇は、ユーロ安の長期的なトレンドの結果であり、RSIの強気なシグナルに支えられています。EUR/USDのこの上昇傾向はこのペアを2020年の高値に押し上げる可能性があります。

特定の国の従来の市場は成長が遅まり停滞しているため、現在急成長している仮想通貨エコシステムの増加は、2020年の成長、ボラティリティ、またはその両方に関心を持つ投資家として参入するために必要な2番目の金融市場になると思われます。