今週の「Monday Madness」では、まずGBP/USDペアを見てみましょう。1.2529からのGBP/USDの逆転は1.2439で保たれ、最大で1.2475を刻んでいます。アメリカドルに対するこの1.2%の週間利益は、1か月近くでイギリスポンドにおける最高のパフォーマンスをもたらしています。これらの利益は、EUとイギリスの交渉担当者が「ポジションを和らげている」という最近の推測に裏打ちされています。

しかし、ポジティブなブレグジットニュースとポジティブな思考だけが市場を押し上げている要因というわけではありません。ボリス・ジョンソン首相は先日、重要な財政刺激策の計画を発表しました。さらに、イングランド銀行(BOE)は、そのQEプログラムとイニシアチブに疑念を示しており、イギリスをこの種の政府による金融介入に反対する唯一の国としています。少なくとも短期的には、このような近年の進展により、トレーダーや投資家の間で一時的な休息が生じています。

アメリカドル/円はアメリカの祝日と並びボリュームが少ないため、金曜日に細いバンドで取引されました。107.04〜108.17間のUSD/JPYのこのコンパクトな範囲は、両国での肯定的なニュースと否定的なニュース両方から成る結果のようです。住宅購入率や雇用率などの経済統計が上昇するにつれて、アメリカおよびその他の国々におけるCOVID-19の症例数も増加しています。基本的に、市場は米ドル/円ペアの岐路にあるようで、解決策が見つかるまでは106.50から108.00間の狭い範囲が続く可能性があります。これは、ほとんどのトレーダーにとって理想的とは言えません。

EUR/USDペアはその後新しい方向性を見つけられていません。FXStreetNewsによって報道されたように、価格は3週間連続で約1.1200にて止まっており、致命的とも言えます。最近の報道によると、この2つの経済はコロナ前のレートではありませんが、予想よりも速いペースで正しい道を進んでいるようです。それでもなお、この通貨ペアは足踏み状態のままです。EUR/USD市場でのこのアクションの欠如は、良いニュースにもかかわらず、投資家やトレーダーが現在の金融問題の長期的な対応と管理に依然として警戒していることを示しています。アメリカ側では、連邦準備制度は、センチメントに関係なく、株式からの利益の背後にある重要な要素である経済を引き続き押し上げると約束しています。この同じ時期に、EUは刺激策を打ち出すことに消極的に取り組んでいました。これら2つはポリシーの違う世界であるにもかかわらず、どちらも投資界に十分な自信を与えているようには見えません。

次に見ていくBTC/USDは水曜日に急降下し、金曜日に約9100ドルのマイナーな回復に統合されました。最も人気のあるデジタル資産であるビットコインは、アメリカでの週末休暇の最中(7月4日)に範囲を拡大する可能性があります。リリース時の時価総額は167.23億ドルで、控えめに安定の約9000ドルで取引されています。

最後に、イーサリアム(ETH/USD)です。時価総額で世界最大のアルトコインは、チャートではやや停滞しており、ETHは6月の1週目から上昇傾向を見せるのに苦労しています。 ETHは、2020年1月から2月の出版時期に記録されたピークをはるかに超えており、226.42ドルで取引されていました。現在のところ、イーサリアムのエコシステムはETH 2.0の開始を辛抱強く待っています。一方、テスラのCEOであるイーロン・マスクは、イーサリアムには賛成でも反対でもないと主張し、イーサリアム上には何も構築しないと付け加えました。

結論として、重要な市場における経済の回復は、Covid-19を取り巻く恐怖を打ち消しました。「経済的」な刺激と回復、そしてコロナウイルスが2020年の残る期間の飛び抜けた主題であり、回復と経済崩壊の間で揺らめくことが想像できます。各国に刺激策と経済情勢があるため、ETHやBTCなどの代替デジタル資産は、中央銀行に賭けている場合に取り入れるべき資産だと考えられます。


今週の金融の歴史:

1884年7月3日:チャールズダウが最初の現代のアメリカの株価指数、ダウジョーンズインデックスを作成しました。ダウの指数は、元々はわずか11銘柄で構成されていました。 11銘柄のうち9つは鉄道でした。(シカゴ&ノースウエスタン、デラウェア、ラッカワナ&ウエスタン、レイクショア、ニューヨークセントラル、セントポール、ノーザンパシフィック、ユニオンパシフィック、ミズーリパシフィック、ルイビル&ナッシュビル)他の2つは、汽船会社のパシフィックメールと電信会社のウエスタンユニオンでした。