今週のMonday Madness、はじめにイギリスの市場、具体的にはGBP / USDの外国為替ペアを見てみましょう。チャートを見ると、GBP / USDは引き続きほぼ横ばいとなっており、1.3010と1.3110の間で取引されています。この1.3110のレジスタンスレベルは200週間のEMAと一致していることがわかります。これは、マクロスケールでのかなり重要な移動平均であり、4年以上の取引アクティビティを表しています。基本的なレベルでは、コロナウイルスの援助パッケージや債券金利など、アメリカが置かれている状況は不確実性が続いているため、GBP / USDはこのレンジに挟まれているようです。とは言え、1.3110を超える強い動きは、GBP / USDを年間高値である1.32へと導く可能性があります。しかし、現在のサポートとレジスタンスの両方がどれほど強力に機能しているかを考えると、GBP / USDをいずれかの方向へと進めるには非常に大きなカタリストが必要になります。


EUR / USDのペアに移り、最初の明らかな洞察としては、最近の強気の上昇傾向がどの程度抑制されているかです。政治的混乱、具体的にはパンデミック関連のパニックは、EUR / USDトレーダーの間で十分な注意喚起となったようです。2週連続で、ペアは1.1800レベルをわずか数ピップス上回って終了しています。連邦準備制度理事会と欧州中央銀行の両方が今週の議事録を発表すると予想されているため、トレーダーと投資家は両方の最新情報に目を光らせておきましょう。現在短期的な偏りがあるにもかかわらず、EUR / USDの強気のマクロトレンドはほとんど影響を受けていないようです。週間チャートは、20日SMA、100日SMA、0.236のフィボナッチレベルなど、いくつかの重要なレベルを上回っています。しかし、RSIやMACDなどのモメンタムの指標は売られすぎの状態を示しています。これは、強気の上昇トレンドが何らかの形で再開する前に、もう少し下落することが予測されることを意味します。


いつも通り、USD / JPYをカバーして外国為替ペアに関するセクションを締めくくります。先週金曜日、日本円に対して米ドルが苦戦している様子が伺えました。全体的なトレンドが数年ではなくとも数か月間下落していることを考えると、これは最近のUSD / JPYの取引において驚くようなことではないはずです。USD / JPYが7月31日に101.80の底値から上昇を続けていることは心強いです。執筆時点でペアは106.541にあり、50日EMAが現在のローソク足を刻んでいます。サポートとレジスタンスを見ると、このペアは確かに次の109の大きなレジスタンスの前に動く余地があります。いずれにせよ、107レベルでの反応にトレーダーや投資家は目を離さないでください。


仮想通貨市場に移り、まずはBTC / USDを見てみましょう。コンソリデーションの数日後、土曜日に適度な利益を上げた後、ビットコインが12,000ドルのレジスタンスレベルに近づいていることがわかります。執筆の時点では、週間のローソクはまだオープンなため判断するには早すぎますが、一週間の終値が12,000ドルを超えると、強気の上昇傾向が続く可能性があります。ビットコインは先週、12,000ドルのレジスタンスレベルを上回りましたが、それを保つことはできず、2020年8月13日にはすぐに下落し、11,000ドルを少し上で終わりました。特にBTC / USDが週の終値でそれを超えたのが一度しかなかったことを考えると、このようなプライスアクションは現在のレジスタンスが非常に重要であることを示しています。


今週は、EthereumとETH/USDにて締めくくります。この分野で2番目の資産であるにもかかわらず、イーサリアムは過去数日間を見ると、プライスアクションにおいて先導していることがわかります。過去24時間だけでも、ETH / USDは10%以上回復しています。回復は8月13日に始まり、400ドルのサイコロジカルレジスタンスを超えてイーサリアムは今波に乗っています。現在、430ドルにあるETH / USDは、2018年8月以来の最高値で取引されています。この強気の勢いが持続される場合、次のキーレベルは485ドルと534ドルです。しかし、ETH / USDが実際にこれらのレベルに達する場合、特にこれを先行する3年近いベアマーケットを考えると、新しい史上最高値への上昇を考慮する価値があるかもしれません。


金融の歴史を振り返る:


2011年8月8日(ブラックマンデー)に、格付け機関スタンダードアンドプアーズによる格下げにより、アメリカおよび世界の株式市場は暴落しました。ダウジョーンズインダストリアル平均は634.76ポイント(-5.55%)を失い、10,809.85で取引を終えました。これは、史上6番目に大きな指数の低下です。アメリカの信用格付けが引き下げられたのは史上初のことでした。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。


免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。