今週の「Monday Madness」エディションは、イギリスの市場とGBP / USDペアから見ていきます。先週後半に5か月の最高値に到達した後、GBP / USDは1.31857で大幅なレジスタンスに達したように見えます。その後、ペアは1%を少し下回り、現在1.3のサポート近くに位置しています。GBP / USDからのレジスタンスからの跳ね返りは、現在の状況を考えると驚くようなことではありません。先週のレポートがほぼすべてのアナリストの期待に反したため、今週期日のThe US Labour Reportは、明らかにこのペアを取引するすべての人にとって重荷となっています。加えてイングランド銀行は、過去数か月間金利調整を避け続けた後、現在金利調整の重い圧力に迫られています。トレーダーは、GBP / USD が1.32のレジスタンスを超えるか、1.30のサポートを下回るように駆り立てる可能性があるため、今週、これら両方に注目する必要があります。


次に見ていく外国為替ペアは、EUR / USDです。このペアのプライスアクションは、GBP / USDに似ていることがわかります。どちらのペアも、Labour Reportや先週リリースされた非農場部門就業者数などのアメリカからのニュースに反応しているためです。 チャートを見ると、先週のEUR / USDが1.9161でトップになり、2.0のサイコロジカルレジスタンスからわずか数百ピップスであることがわかります。ファンダメンタルズに関係なく、特にEUR / USDの数か月にわたる上昇傾向の後は、そのような大きなレジスタンスでの引き下げが予想されます。2.0のレジスタンスを突破しようとする前に、より多くのコンソリデーションやより重い修正がおそらく期待されるでしょう。三菱UFJ銀行のアナリストは「短期的にはEUR / USDの修正のリスクが高まることを反映する短期の戦術的な取引。目標は1.1600、ストップロスは1.1950。」と同意しているようです。


USD / JPYに移ると、おなじみの105の地域(価格が約5年間引き続いてきたウェッジ型のような地域)でペアが未だ停滞していることがわかります。しかし、詳しい調査の結果、USD / JPYは、7月のローソクで初めてこのウェッジのすぐ外側で終了したようです。これはハイタイムフレームの観測であるため、日中、毎日、または毎週のフォーメーションよりもプレイに時間がかかります。しかしUSD / JPYは、下方向ではあるものの、ようやくこのウェッジフォーメーションを外へと打ち破ったようです。106のレベルがレジスタンスとして保たれ続ければ、このペアが100のレベル近くまでドリフトするのも驚くに値しません。


結論として、投資家は依然として通貨と外国為替市場を裁定することにより資産を守方法を模索しているため、主要な外国為替市場は、アメリカドルとアメリカ経済の強さに対する認識に直接関連して変動しています。この富を維持することは、先週「資産の時代」と呼んだマクロトレンドと直接結びついています。金融インフレが史上最高に近付いている世界では、投資家がハードアセットに集中していることがわかります。仮想通貨は資産市場で最も興味深い進展の1つであり、ここで次のセクションへと移ります。


始めていくにあたり、11,900ドルのレジスタンスの頂点に向かっているのが確認できるBTC / USDにジャンプします。BTC / USDが突破すれば、ビットコインに次の大きな波が押し寄せることとなりそうです。振り返ってみると、月曜日のBTCは5桁の10,000ドルを超える長期的なレジスタンスを打ち破っています。現在、BTC / USD全体でのミッションは、12,000ドルから失われた場所を回復させることです。BTC / USDがマクロの強気市場にあると考えると、BTC / USDに長期的に賭けるのはよくないアイディアかもしれません。中央銀行の金融政策は依然として緩やかです。今週のニュースレターの締めくくりは、世界で2番目にアクティブなデジタル資産市場であるイーサリアムです。


ETH / USDに移ると、プライスアクションがナンバー1の資産に密接により添っていることがわかります。ただし、これらの資産の1つの違いは、イーサリアムの時価総額がビットコインの5分の1にすぎないため、イーサリアムの動きはビットコインの動きよりも顕著に表れているという事実です。チャートを見ると、ETH / USDが主要なレジスタンスの400ドルを下回っていることがわかります。さらなる修正が行われる可能性は低くありませんが、取引の「資産の時代」は引き続き仮想通貨や、2番目にアクティブなデジタル資産であるイーサリアムなどを含むハードアセットを後押しし続けます。


今週の金融の歴史:

1946年8月、コンピュータ化された取引のパイオニアであるエド‧セイコタ(Ed Seykota)氏が生まれました。エド氏の最初のコンピュータ化された取引システムは指数移動平均に基づいており、IBMメインフレームで構築およびテストされました。1970年代初頭までに、エド氏は大手証券会社のアナリストになり、その後、先物市場で顧客のお金を管理するための最初の商用コンピュータ取引システムを開発しました。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。


免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。