ビットコインのブルランが続いていますが、2021年のビットコイン価格予測はどうなっているのでしょうか?ビットコインの価格は上昇するのか?それとも激しい価格修正があるのか?

情報に基づいた予測をするには過去1年間の概要を把握するだけでなく、新興のトレンドも理解する必要があります。

2020年第三四半期に加速したビットコイン価格
2020年は、長い冬の時代を耐えたビットコイン支持者たちの期待に答え始めた年でした。2020年1月1日から2021年1月1日までを見ると、ビットコインは7,108ドルから29,366ドルまで上昇しています。更に3月のコロナショックは投資家に取ってその年の最安値である5,000ドル弱の価格でビットコインを仕入れる貴重な機会となりました。

このような先見の明のあるビットコイン投資家は、年末にBTCを6倍近くの価値で売却していたかもしれません。3月の暴落後、直後に控えるマイニングブロック報酬は12.5BTCから6.25BTCになるビットコインの半減期に対する期待上げが発生。
過去の半減期を照らし合わせても、それがブルランに拍車をかけることは明らかです。

  • ビットコインは2012年11月28日に最初の半減期を迎えましたが、当時の価格から90倍以上に上昇するのに1年もかからなかった。
  • 同じように第二次半減後の2016年7月9日には、ビットコインは1年足らずで600ドルから~2800ドルまで上昇。最終的には2017年12月に2万ドル近くでピークを迎えた。
  • この高値は、2020年5月11日の半減期後も、2020年の最後の月まで長きに渡り価格抵抗となっていた。

なぜ20,000ドルの壁が破られるのに3年かかったのかは、まだ完全には解明されていません。しかし、最も可能性の高い説明としては、仮想通貨デリバティブ取引の拡大が大きく関わっていることも挙げられます。具体的には、CMEとCBOEのビットコイン先物です。これらにより、機関投資家が仮想通貨にベットをしたことで、ピーク時の約2万ドルからのビットコインの売り崩しに最も影響を与えました。

ビットコインの史上最高値の背後にある力
3月の株式市場の暴落は、連邦準備制度理事会(FRB)が前例のない一連のマネーサプライ注入を行ったことによる
中央金融機関への信頼の低下を予兆していました。

2月以降、米国のM1(現金通貨と預金通貨の合計)マネーサプライは55%増加しています。
さらに衝撃的なことに、これまでに発行されたすべての米ドルの約35%の量が、わずか10か月の間に印刷されました。 その結果11月16日から23日までのわずか1週間で、M1マネーサプライは5兆ドル増加しています。

これは、金融史上かつてないことです。当然のことながら、小売業から機関投資家まで、多くの投資家は、起こりうるハイパーインフレーションに対する保護手段として、金とビットコインの両方に群がりました。

JPモルガンチェースのアナリストでさえ、今後数十年の安全な資産としてビットコインが金を超える可能性があることを認めなければなりませんでした。

このような不確実性の雰囲気が、機関投資家を大規模なビットコイン投資の熱狂に駆り立てました。:

  • マイケル・セイラー氏が率いるビジネスインテリジェンス企業、マイクロストラテジーは少なくとも6億5,000万ドル相当のBTCを購入。
  • グッゲンハイム基金は、純資産価値の10%を占める5億ドル相当のGBTC(グレイスケールビットコイン投資信託)に投資する目的で、SECに修正を提出。
  • 時価総額2,350億ドル、運用資産6,750億ドルの世界最大の保険会社の1つであるMassachusetts Mutual Lifeは、NYDIGを介してビットコインで1億ドルを購入し、NYDIGプラットフォームでも500万ドルを出資。
  • StoneRidge AssetManagementは1億1500万ドルのBTCを購入。
  • ロンドンを拠点とするModeGlobal Holdings PLCは、財務準備金の10%をビットコインとして割り当てた。
  • 3億4700万人のユーザーにサービスを提供する世界最大の支払い処理プラットフォームであるPayPalは、Venmoを含む支払いエコシステム内で暗号取引を提供。
  • PayPalのライバルであるSquareは、すでにCashAppから利益を上げています。それは72%の四半期ごとのビットコイン量の増加を生み出しました。さらに、Squareの10月の5000万ドルのBTC購入は、わずか1か月後に3400万ドルの利益をもたらしています。
  • メキシコのメディア億万長者であるリカルドサリナスプリエゴは、流動資産の10%をビットコインに投資。
  • AnthonyScaramucciのSkyBridgeヘッジファンドはBTCに250億ドルを投資。
  • イランは、壊滅的な制裁を緩和する方法として、輸入にBTCの使用を開始するよう中央銀行に指示。
  • ステーブルコインの時価総額が200億ドルを超えました。これは2017年に合計されたすべての暗号通貨の時価総額を上回っています。

このリストはどんどん増えており、ビットコインの価格が毎週のように複数の価格抵抗を突破するための原動力となっています。

2020年時点での2021年以降の予測はほとんどが強気だった
2021年の初めにビットコインの予測を行う前に、まず半年以上前に行われた現実的なビットコインの予測を見てみましょう。

ハイゼンベルグキャピタルのマックスカイザーは、ビットコインが必然的に1BTCあたり100,000ドルに向かっていると確信していました。短期的には、価格修正が行われる前に28,000ドルに達すると予測しました。

“Somewhere, @PeterSchiff is puking his brains out right now.
$28,000 is in play before we see a pullback - and then we’re heading to 6-figures”

これは結果的にビットコインが12月末に28,000ドルから29000ドルの間で変動し続けたため、優れた予測となりました。

同様に、シティバンクは、BTCが12万ドルまたは31万8000ドルに達するのに到達するのに問題はないと予測しています。JPモルガン・チェースと同様に、シティバンクもビットコインを「デジタル・ゴールド」と見なしています。

“Initial good resistance is met at $10,500 – $10,820. If that gives way, the next good level is $13,850, and above there, $19,511. If $19,511 was to give way, well, the chart speaks for itself.”
「最初の良好な抵抗は$ 10,500 – $ 10,820。それがうまくいかない場合、次の良いレベルは$ 13,850、それ以上は$ 19,511です。 19,511ドルが道を譲るのであれば、まあ、チャートはそれ自体を物語っています。」

ティム・ドレーパーのビットコイン予測も強気でした。 4月、ベンチャーキャピタリストは、ビットコインが2023年までに25万ドルに向かうという予測を倍増させました。バーチャル・ブロックチェーン・ウィークで聴衆に向けて、ドレーパーは連邦準備制度の米ドルの切り下げに言及し、その理由を要約しました。

“All of the sudden, the retailers say, “Oh, you mean I don't have to pay 2.5-4 percent to the banks every time somebody swipes a credit card?”
「小売業者はある日突然気づくことになるだろう。『誰かがクレジットカードを選択するたびに2.5~4%の手数料を支払う必要がないということか』と」

他の機関投資家も強気でした。 Morgan CreekDigitalの創設者であるAnthonyPomplianoは、BTCが2021年までに10万ドルに達すると予測。同じように、Morgan CreekCapitalの創設者であるMarkYuskoは、ビットコインを今後数年間で40万ドルの上昇に設定しました。 FundstratのTomLeeは、2020年の終わりに91,000ドルを予測していましたが、これは的外れでした。

弱気側の見方では、教育プラットフォームTradingBeastは悲観的なスタンスで、ビットコインに年末までに8000ドルから9000ドルの価格帯になると言及。

同様に、暗号分析会社PanxoraのCEOであるGavin Smithは、年末までにBTCの価格が7,000ドルに下がると予測していました。

“A short-term washout [will happen] this year before the true rally takes hold [in 2021].”
“the markets are pulled on the one hand by the inflation hedge story driving Bitcoin higher while at the same time the global economy is suffering a massive demand shock with the potential to drive Bitcoin lower.”
"真のラリーが定着する前に(2021年に)今年は短期的なウォッシュアウトが起こるだろう。市場は、一方ではインフレヘッジのストーリーに引っ張られてビットコインが高くなる一方で、世界経済は大規模な需要ショックに見舞われており、ビットコインが下がる可能性がある"

2021年のビットコインの価格予測は?

これらすべての過去の予測の推論を考慮に入れると、連邦準備制度による米ドルマネーサプライの必然的な増加とともに、1つの結果が確実です。経済の不安定さが機関投資家の買い煽りに拍車をかけたのです。これにより、いくつかの重要な要素が生まれました。:

  • ビットコインは2021年中に2回の価格修正を受ける可能性があります。ただし、ビットコインの価格が大幅に下落する可能性はほとんどありません。それが起こるためには、大量のパニック売りが必要となる。
  • ビットコインの保守的でインフレ的な性質は、引き続きソブリン通貨である米ドルを引き付け続けるでしょう。
  • ビットコインへの買い圧力が強すぎる。さらに、ビットコインの価格が急落すれば、機関投資家はより多くのBTCを購入するように駆り立てられる。その結果、ビットコインの価値を守る手ごたえが生まれることになる。

ストック/フローチャートを見てみると、ビットコインの過去2回の大きな価格下落が物語っています。

  • 最初のものは1,000ドルから900ドルになりました— 10%の価値の損失。
  • 2回目は3000ドルから2200ドルになり、27%の価値の損失。

ストック・ツー・フロー(S2F)モデルは、金とビットコインがどのような資産を表しているかを知るのに便利なツールです。それらの希少性や採掘率から価格帯を予測してくれます。ちなみに、ビットコインがどれくらい採掘されているか気になる方のために伝えると、合計2100万個のうち1850万個という数字が出ています。

5月に予測されたS2Fモデル:

“The predicted market value for Bitcoin after May 2020 halving is $1trn, which translates in a Bitcoin price of $55,000,” further adding that, “gold and silver, which are totally different markets, are in line with the bitcoin model values for SF.”
「2020年5月の半減後のビットコインの予測市場価値は1兆ドルであり、これはビットコインの価格が55,000ドルに相当します」「金と銀は全く異なる市場ですが、SFのビットコインモデルの値と一致しています。」

したがって、5月の半減以降、このような価格の縮小/修正が見られないことはほぼ確実です。買い圧力が強すぎるため、3万ドルまで付けても、どのみち、1万2000ドル近くまで下がると考えられます。BTC価格がTラインを超えているため、S / Fモデルは連邦準備制度によるインフレ介入を考慮していなかったようです。

他のすべての指標は強気のままです。全体として、2020年はパンデミックによって特徴づけられ、ビットコインを繁栄させる一連の出来事を引き起こしました。 2021年には、2020年を反映して、次のような物語がすでに作成されています。:

  • ワクチンが感染を予防するという証拠はありません。
  • 感染力の高い変異ウイルス。
  • ヨーロッパと米国全体で経済破壊的なロックダウンの強化。

したがって、ビットコインの価格が指数関数的に上昇する可能性があります。比較的スムーズな上昇は約5万ドルから5万5千ドルでピークに達し、2つの大きな価格修正の可能性があります。これらの修正の一部は、世界の出来事を反映している可能性があります。

ただし、ビットコインが株式、金、およびアルトコインからの分離で見たように、ビットコインは日々の政治的な流れの外で独自の勢いを増しています。

リスク警告:
信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:
Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。

参考文献:

  • Bambrough, B. (2021). Leaked Citibank Report Reveals Bitcoin Could Rocket To $300,000 Price By End Of 2021.Forbes.
  • Choros, J. (2020). 35% of All US Dollars in Existence Have Been Printed in the Last 10 Months. Netcoins.
  • Spence, E. (2020). JPMorgan Says Gold Will Suffer for Years Because of Bitcoin. bloomberg.
  • Tran, S. (2020). Bitcoin's Price Finally Showing Signs of Macro Decoupling from the Stock Market. Blockchain News.