ビットコインが連日続伸

ビットコインの継続的な価格上昇が2020年の12月以来の記録となりました。時価総額2位のイーサリアムを含む他のコインも上昇し、仮想通貨に対する関心の高まりを反映する指標であるBloombergGalaxy Crypto Indexの上昇に貢献しました。

「現在の勢いは強く、45,000ドルも視野に入ってきました。しかし、50,000ドルを超える決定的なブレークには少し時間がかかるだろう」と、仮想通貨デリバティブ取引所Delta Exchangeのパンカジ・バラニCEOは語っています。

未だビットコインは、4月中旬の高値である65,000ドル近くをまだ大きく下回っています。しかし、イーロン・マスク氏やArk Investment Management LLCのキャシー・ウッド氏の最近の肯定的なコメントや、Amazon.com Inc.が仮想通貨部門に関与する可能性についての憶測に期待が集まっています。

今週、中国で起きた株の暴落により、投資家のリスク許容度が下がり、世界の株式が下落したにもかかわらず、ビットコインをはじめとする仮想通貨市場は上昇を続けており、現在の強さを物語っています。

連邦議会のインフラ投資法案の審議入りによる仮想通貨市場への影響とは

米国の新しいインフラ法案は、仮想通貨税で300億ドル徴収することを目指しています。

議会に提出された超党派のインフラ法案は、取引所などに新たな情報報告義務を課すことで、仮想通貨投資家から280億ドルを得ようとしています。

法案のドラフトコピーにによると「何らかのデジタル資産を譲渡したブローカーは、修正された情報報告の枠組みに基づいて申告することが求められる」と記載されており、デジタル資産とは「暗号で保護された分散型台帳に保存された...価値のあるデジタル表現または同等の技術」を指します。

「ブローカー」の定義は、分散型の取引所やピアツーピアのマーケットプレイスも含まれています。この法案の別の説明では、仮想通貨は、より大きなデジタル資産の一部とみなされることが明確にされています。

新たな法案では、仮想通貨の売買取引の実態を反映させるためにブローカーの定義が修正されており、また、ブローカー対ブローカーの報告義務は、仮想通貨を含む全ての有価証券の譲渡に適用されることを明確にしています。

Blockchain Associationのエグゼクティブ・ディレクターであるKristin Smith氏は、「仮想通貨を扱う多くの個人も報告義務が可能性があります。ソフトウェアウォレットの開発者、ハードウェアウォレットメーカー、マルチシグサービスの提供者、流動性提供者、DAOトークンの保有者、そしておそらくマイナーも含まれると解釈しています」と説明しています。

米国上院では、早ければ今週水曜日にも試験投票が行われる可能性があり、注目が集まります。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。