ビットコインが活気の兆し

数週間・数か月に及ぶ残酷なまでの売り相場を経て、7月21日(水)、仮想通貨市場はようやく活気の兆しを見せました。

ビットコインは史上最高値の約65,000ドルからいまだ約50%下落しており、他のあるとコインも下落のダメージを抱えています。7月20日(火)には、6月以来の大規模な売りが発生し、3万ドルを割りました。当然のことながら、他の市場もそれに追随し、重要なレンジレベルを下回らないまでも接近しました。

しかし、市場が最も暗くなったこのタイミングで、ビットコインは7%以上上昇し、一時的に32,000ドルに達し、ほぼV字回復しました。強気相場への回帰を喜ぶ人がいる一方で、すぐには戻らないと確信している人もいます。

仮想通貨取引所Lunoのアジア太平洋地域担当責任者であるVijay Ayyar氏は、水曜日の価格の動きは、資産が長期的な下落から一時的に回復した後に下落を続ける「デッド・キャット・バウンス」である可能性が高いと述べています。

Ayyar氏は、ビットコインが32,000~33,000ドル以上に上昇しない限り、さらに下降すると予想しており、さらには24,000~25,000ドルまで下落する可能性があるとしています。

とはいえ、好奇心旺盛な人は「今回のこの値動きには何か要因があったのではないだろうか?」と感じている人もいるでしょう。以下で解説します。

イーロンマスクが継続してビットコインを支持していることを発言

TeslaとSpaceXのCEOであるイーロンマスク氏が、Crypto Council for Innovationが開催したThe B Wordカンファレンスで、自分が仮想通貨を所有していると発言したことで、イーサリアムの価格は水曜日の午後に上昇しました。

マスク氏の発言後、その日の早い段階ですでに上昇していたイーサリアムは、直近の最高値を更新しました。最終的には12%以上まで上昇し、その日の高値を前後しました。

「仮想通貨、特にビットコインで気をつけなければならないのは、プルーフ・オブ・ワークを使うことで、少し過剰なエネルギーを使い、必ずしも環境に良いとは言えないということです。」マスク氏は、環境に悪影響を及ぼす可能性があるにもかかわらず、仮想通貨を広く支持していることを改めて表明しました。

マスク氏によると、ビットコインのマイニングは再生可能エネルギーを燃料とすることが多くなってきているため、テスラはビットコインの取引受付を再開する可能性が高いとのことです。また、マスク氏は、現在所有している唯一の上場株式はテスラであり、個人的にはビットコイン、Dogecoin、Ethereumを所有していると述べています。

マスク氏は、現在、テスラとスペースXの両社がビットコインを所有しており、他の仮想通貨は所有していないことも明らかにしました。B Wordカンファレンスは、ビットコインを取り巻く「神秘化」「汚名返上」「主流の物語の修正」を目的とし、その制度的な受け入れと使用を奨励するために開催されました。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。
免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。