世界のリスクセンチメントが改善し米ドルは下落

まず、世界の投資状況、特に世界のリスクセンチメントと米ドルとの関係について見ていきましょう。

先週は、米連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ抑制のために早期の利上げを実施するとの見方が強まり、ドルは他通貨との比較で1年ぶりの高値を記録しました。

しかし、10月20日(水)には、リスクセンチメントが改善したようです。投資家が、「商品価格の上昇」と、「世界の中央銀行が高止まりしているインフレを対処するための利上げを開始する時期」に注目したため、ドルは下落しました。市場関係者によると、FRBは2022年末までに、2回の利上げを行うと予想されています。

ING FXのアナリストがクライアントノートで述べたところによると、ドルの最近の下落の原因は、「ドルのロングポジション解消の流れが市場で強まったこと」と、堅調な米国企業の決算報告シーズンが、インフレ・金融引き締めへの懸念よりも引き続き注目されていることにより、「リスクセンチメントが改善された」ことなどが混在していると思われます。

リスクセンチメントの流動的な指標として用いられる豪ドルは、一晩で7月以来の高値を記録し、この日は0.27%上昇して0.7496ドルとなりました。同様に、ニュージーランド通貨も0.41%上昇して0.7154ドルとなり、6月以来の高水準となりました。一方、ドルは対円で4年ぶりの高値となる114.67ドルまで上昇しました。これらから、安全資産への需要が低下したことが見て取れます。

この事実は、仮想通貨市場にも大きな影響を与えています。

ビットコインは米国ETFの立ち上げにより新高値となる66,000ドル超に跳ね上がる

水曜日にビットコインが史上最高値を更新したのは、米国でビットコインETFの導入が成功したことによるものであろうことは誰が見ても疑う理由がありません。

Coin Metrics社によると、時価総額最大の仮想通貨であるビットコインは、米国時間午後4時に3.9%上昇し、66,398.25ドルとなりました。ビットコインは、4月中旬につけた64,899ドルの過去最高値を更新し、日中の最高値は66,900ドルまで上昇しました。

仮想通貨のロボアドバイザー「Makara」のCEOであるJesse Proudman氏は、以下の様に指摘しています。

「ここで重要なのは、65,000ドル以上のサポートを確立できるかどうかです。もしできたら、歴史的に例年見られる傾向の『第4四半期の仮想通貨ラリー』の中で、ビットコインは、過去数ヶ月間に見た強気の価格予測のいずれかを辿って、上昇していく可能性があります。」

仮想通貨が上昇を続けるにつれて、著名な擁護者がますます多く出現し、投資について表立って説明しています。例えば、億万長者の投資家であるPaul Tudor Jones氏は、金より優先的なインフレヘッジは仮想通貨である、と指摘しています。同氏は、CNBCのトーク番組「Squawk Box」で、このように述べています。

「仮想通貨は素晴らしいヘッジになるだろう。仮想通貨には計画があり、明らかに、現時点では金との競争に勝っています。これは非常に優れたインフレヘッジにもなると思います。」

仮想通貨資産の中で上昇したのはビットコインだけではありませんでした。イーサリアムも7.4%上昇して4,000ドルの大台を回復し、最高で4,104.61ドルに達しました。これは、5月に記録した日中の最高値となる4,380ドルまで、あと数百ドルというところです。

リスクセンチメントが改善し、ビットコインが史上最高値を更新しています。しかし、第4四半期に強気相場となる仮想通貨市場で、現状、例年通りトレンドを追っているということであり、さほど驚くことでもないかもしれません。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。
免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。