ブロックチェーン解析の企業であるChainalysis社の最新のデータによると、世界における仮想通貨の流通量は昨年1年間で881%増加し、ベトナム、インド、パキスタンが首位に立っているようです。

同社がピアツーピア(P2P)取引所の取引量などの指標に基づいて全154カ国をランク付けするGlobal Crypto Adoption Indexを発表するのは、今年で2年目となります。この指標の目的は、「一般の人々」の仮想通貨への適性を可視化することであり、「取引や投機そのものに着目するのではなく、仮想通貨の取引や貯蓄に係る使用事例」を集約することです。

この指標は、特定の国における平均的な人々の豊かさに基づいて測られます。上位20位までの大半は、トーゴ、コロンビア、アフガニスタンなどの新興国が占め、一方、米国は6位から8位に、今春に仮想通貨規制を強化した中国は4位から13位に転落しました。

新興市場における仮想通貨の導入レベルの上昇は、いくつかの重要な変数によって後押しされているようです。例えば、ケニア、ナイジェリア、ベトナム、ベネズエラなどの国では、一人当たりの購買力平価とインターネット利用率を予測変数として調整すると、P2Pプラットフォームによる取引が盛んに行われていることを示す結果を得ることができます。

これらの国の現地の人々は、中央集権型取引所にアクセスできないため、P2Pの仮想通貨取引所を市場への参入の主要な足掛かりとしています。住民の多くは、通貨の下落に備えて資産を保護したり、送金や着金の用に供したり、ビジネス取引を行ったりするために仮想通貨を利用しています。

NFTは仮想通貨市場でどのように舵を取っているのか

仮想通貨市場は、特に市場環境が良好なときに定期的に躁状態に陥ります。この市場を席巻しているニッチな新しい分野であるNFTの分野を紹介します。

昨年の夏、NFTは「DeFi サマー」という形で現れました。DeFiへの関心が爆発的に高まり、人々は続々とイールドファーミングに参入しました。人々はポンジスキームに大量の資金を投入し、高額なギャンブルを行いました。こうしてNFTの領域における陣取りゲームが始まったのです。

しかし、熱狂的なファンがつき、世界を変えるかもしれない技術革新が生まれたことによって、倫理的なやり方とは言えないベンチャー企業の収益は、本物のベンチャー企業に吸収されていき、不良企業は淘汰されていったというのもまた事実です。

翌年には、バイナンススマートチェーン(BSC)上で、動物などをテーマにしたNFTが売買される傾向が見られました。ドージコインや他の仮想通貨に刺激されたものと思われます。

世界最大手のNFTマーケットプレイスであるOpenSeaは、人気のDeFi製品よりも何倍も上回る取引量を誇っています。毎日、数分から数時間で売り切れてしまうようなレアなNFTコレクションがあるようです。有名人であろうとなかろうと、数多の人が自身のNFTコレクションを発表したり、単純に集めたりしているようです。

いくつものプロジェクトが消えていったのは確かですが、歴史が繰り返されるのであれば、この新しく出現したNFTの分野にも、いわゆる「勝者」がいるはずです。乗り遅れてしまった人も今からでもキャッチアップしていく価値は大いにあります。ナンセンスな流行だと頑なに否定することこそナンセンスでしょう。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。