エヌビディア社のマイニングチップの売上高が激減

米半導体大手エヌビディア(Nvidia)社のある製品の売上高が急減したことをご紹介します。2021年は仮想通貨の価格が急上昇したにもかかわらず、同社は、電子版「シャベル」をマイナーに提供する機会を失っているようです。

プロセッサーの一種であるNVIDIA GPUsは、複雑な演算問題を解くことでイーサリアムを効率的にマイニングする用途に供与されます。同社は3月、ビットコインの専門家のみを対象としたマイニング専用GPUを搭載したCMPシリーズの製品(以下、CMP)を発表しました。

同社は水曜日、CMPの売上が直近の四半期で前四半期比60%減となったことを公表しました。また、来たる第4四半期の同製品ラインの売上は、上昇しようとしなかろうと「非常に些細な」ものになるだろうと発表しました。5月からの第2四半期では、CMPの売上高として1億5500万ドルを計上し、同製品の会計年度中の売上高を5億2600万ドルとしました。しかし、これは同会計年度における同社製品全体の売上高192億7000万ドルの3%未満に過ぎません。

2018年は仮想通貨価格の下落により、中古のグラフィックカードが中古機器市場にあふれ、価格が下がりました。この結果、同社の株価と収益に悪影響を与えました。しかし、2021年は違うようです。同社のゲーマー向けの最新GPUは今年、急速な売れ行きにより小売店での入手が困難になっています。同社は水曜日に、10〜12月期には 「圧倒的な需要」があると念押ししました。

同社が春に同製品を発表した際は、マイニングのためではなく、ゲーム市場で能力を発揮する製品として位置づけられていました。同社CEOであるJensen Huang氏は5月、「CMPがマイナーを満足させ、マイニング市場で使われ続けることを願っています」と発言する一方で、「この製品ラインはゲーム市場への供給に対して保護するものです」と付け加えました。

同社はまた、ゲームに特化したGPUのソフトウェアを変更し、仮想通貨のマイニングに適さないようにしました。水曜日、同社は、「GeForceをゲーマーに向けるための努力」として、「デスクトップ向けに販売しているほぼすべてのGeForceグラフィックカードで、Lite Hash Rate仕様のソフトウェアを有効にした」と発表しました。

それにもかかわらず、同社は、「グラフィックカードの売上増加が仮想通貨業界と無関係であるとは断言できない」と主張しています。同社CFOであるColette Kress氏は、水曜日に行われたアナリストとの電話会議で、「当社のGPUは仮想通貨をマイニングすることができますが、これが当社のGPU需要全体にどれだけの影響を与えるかはわかりません」と述べました。

2ヶ月ぶりの大幅な下落で市場が安定化

CoinDeskの情報によると、火曜日にビットコインやその他の仮想通貨は記録的な高値から下落し、シンガポールの深夜の取引ではビットコインは6万ドル前後まで下落しました。

その後、ビットコインは損失の一部を取り戻し、現在は61,402ドルで取引されています。この価格変動の理由は不明です。一部では、火曜日の記者会見で、中国の国家発展改革委員会が仮想通貨のマイニングを引き続き一掃することを宣言し、その取り締まりによってマイナーが大量に移動したためではないかと推測されています。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。
免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。