選挙日から今日までのビットコイン市場と株式市場

ここ数日多くの投資家やトレーダーは米国大統領選挙に注目しています。本日のOverbitWeekly RoundUpでは、11月3日の選挙日から今日までのビットコイン市場と株式市場を見てみましょう。

まずは株式市場、主に米国の株式市場に焦点を当てて見ていきます。

投票後もどちらの候補者が勝利するのかはっきりしない状態で、選挙日の翌日水曜日には米国株式の先物が激しく変動しているのが見られます。ダウ平均株価は400ポイント(1.5%)以上急落しました。

以前の記事でもお伝えしたように、今回の大統領選挙に向けて金融市場は深刻な不確実性に包まれていました。

投資家の中には一時的な緩和を期待していた人もいたかもしれませんが、今後数日、数週間、あるいは数ヶ月間は選挙の行方が不透明な状態が続く可能性があると思われます。

その場合、投資家が選挙へのヘッジとして「よりリスクの高い資産」から遠ざかるため、ボラティリティが継続し、下降する可能性が高いと予想されます。

リスクの高い資産の中には、もちろんビットコインのような仮想通貨も含まれています。ここ数日、ビットコインは大きな変動を経験しています。繰り返し、14,000ドルを突破したり、下降したりしています。

この記事を書いている時点では、14,183ドルのちょうど上に位置していますが、米国大統領選挙によるボラティリティがここで終わるとは考えられません。

またしても、ビットコインは世界の他の類似資産と連動して動いています。

仮想通貨の愛好家はビットコインが他の金融商品の外に存在すると想像していますが、米ドル、株式、株式市場、仮想通貨の現在の相関関係を無視することは不可能です。この相関関係がいつまで続くのか、そしてどのような方向に進むのか、非常に興味深い問題です。

ビットコインが14,000ドル以上の年初来高値を更新していることを考えると、デカップリングは遅かれ早かれやってくるのではないかと想像できます。

英ポンドの下落

世界の投資家が選挙結果を見守る中、ドルは狭いレンジでの取引が続いており、英ポンドは対ドル、対ユーロで下落しています。

英ポンドの下落の主な起爆剤は、イングランド銀行がマイナス金利を検討しているとの報道のようです。BrexitとCovid-19は、今後も欧州の外国為替市場の原動力となることは間違いないでしょう。

2021年の市場がどうなるのかは分かりませんが、一つ確かなことは、2021年に向けて全体的に少し不安定になるということです。

投資家にとっては、複数の市場、仮想通貨、株式、FX、貴金属などに資産を分散させることが不可欠でしょう。Overbit.comは最先端のリサーチ、ツール、市場サポートを提供し続けます。