米ドルの弱さとビットコインへの影響

今週のOverbitRoundUpでは、米ドルの弱さとビットコインへの影響、韓国の新しい規制、VISAのステーブルコインの採用のニュースについて取り上げます。

「為替及び株式市場がビットコイン価格に与える影響」これは多くの仮想通貨愛好家の関心です。

今年3月・4月にビットコインと従来の相場が相関してクラッシュしました。注目すべきことは、今年の後半ではそれらが逆相関するようになっています。つまり、ドルが下がるとビットコインが上がります。

現在DXY(米ドル指数)はこの2年での最低点に近づいています。これはビットコインが史上最高値を更新したことを考えると興味深い観察結果です。

それらがどのように関連しているかを確実に知ることは難しいですが、TokenMetricsのチーフテクニカルアナリストであるBillNobleは、「ドル安は仮想通貨の夢のシナリオです」と述べており、今後の動きにも注目です。

韓国政府が仮想通貨関連の新税制について2022年まで延期を発表

次に、韓国の仮想通貨に対する新たな税制について取り上げます。

CoinTelegraphの記事によると、韓国政府は仮想通貨の利益に対する新しい税制を2022年まで延期すると正式に発表しました。新たに可決された税制は、韓国の投資家が年間250万ウォン(2,260ドル)を超える暗号取引の利益に対して20%の税率を支払うことを規定します。

VISAがCircleと提携。ステーブルコインUSDCでの支払いが可能に。

今週最後の話題は、VISAのステーブルコイン採用のニュースです。

世界最大の決済ネットワークの1つであるVisaは、仮想通貨関連企業Circleと提携し、Visaクレジットカード発行社の優先順位付けと選択を支援し、ステーブルコインUSDCをプラットフォームに統合して送受信できるようにすることを発表しました。

Visa社の仮想通貨部門責任者Cuy Sheffield氏はSNSで、「これにより、USDCの有用性が大幅に向上すると考えています。 Circle社はクライアントがUSDCを利用できる最初のVisaカードを発行する企業になる予定です。」とコメントしました。

このCircleとVISAのパートナーシップに至るまで、すでに25の仮想通貨ウォレットプロバイダーがVISAネットワーク基盤を活かした事業立ち上げ支援の「ファストトラックプログラム」に参加しています。ステーブルコインが世界中のVISAネットワークで数百万のトランザクションを発生させていくことで、今後もブロックチェーンが支払いと投資の将来に存在することは容易に理解できます。

Overbit.comはユーザーの投資レベルに関係なく、有益で使いやすいプラットフォームを提供しています。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。