Tesla社のCEOであるイーロン・マスク氏は、火曜日に公開されたレックスフリードマン氏のポッドキャストで、ビットコインを発明したとされるサトシ・ナカモトのをめぐる謎に言及しました。

インタビューの中で司会者は、ビットコインの発案者が特定されていないという事実は「特徴なのかバグなのか」とマスク氏に質問し、マスク氏はこの問題について自身の見解を示しました。仮想通貨支持者として知られるマスク氏は、コンピュータ科学者のニック・サボ氏がビットコインの誕生に「大きな影響を及ぼしている」と主張しています。

1990年代後半、コンピュータ科学者であるサボ氏は "ビットゴールド "として知られるビットコインの前身を考案しました。

「ビットコイン出現前のアイデアの進化を見れば、誰がその基となるアイデアについて書いたかわかる。私は実用的な目的のためにビットコインを作成した人がだれかは知らないが、それ以前に存在していたアイデアはかなり明確である。彼はナカモトではないと主張しているが、誰よりもニックサボ氏が、それらのアイデアの進化の一因があるように思えます。」とマスク氏は語りました。

イギリスの言語学研究者グループは2014年、ナカモトとされる有名なビットコインのホワイトペーパーを、作者と疑われる11人の作品と比較しました。中でもサボ氏は、ビットコインの創始者であることを常に否定しており、2014年のツイートでは、"サトシじゃないけど、ありがとう "とまで書いています。

マスク氏をはじめ、複数の人物がもっともらしい可能性を示唆していますが、ビットコインの発明者の正確な身元はまだ確定していません。

ロビンフッドの仮想通貨ウォレットアプリが1月にいよいよローンチ

トレーディングアプリのロビンフッドは水曜日にブログ投稿で、取引アプリの仮想通貨ウォレットの待機リストにいる数万人の顧客が1月中旬にベータ版にアクセスできるようになると述べました。

このウォレットには160万人以上が登録しており、ユーザーはビットコイン、イーサリアム、ドージコイン、その他の仮想通貨を預けたり引き出したりすることができるようになるといいます。

9月の最初の発表以来、取引アプリはデジタルウォレット機能をテストしており、11月22日に最初のアルファ転送(DOGEを活用)が行われました。

「2021年は仮想通貨が主流になった年だと言う人もいますが、実際のところ、ほとんどの人はまだブロックチェーンの資産クラスをポートフォリオに加えることに慣れていないのです 。ウォレットのローンチにより、私たちは幅広い投資家を初めて仮想通貨領域に迎え入れる重要な役割を果たすことに興奮しています。」

Robinhoodの最高執行責任者であるChristine Brown氏によると、ベータ版の焦点は、顧客のセキュリティと、仮想通貨取引に関する教育とネットワークとガスコストの透明性を提供することにあります。

アルファ版は限られた少人数のユーザーと1:1の対話に限られていましたが、ベータは数万人が利用できるようになる予定です。

ロビンフッドのナスダックの株価は、今回の声明の影響を受けていないようです。

7月に上場して以来、株価は徐々に下落し、8月4日に史上最高値の70.39ドルを記録したのが、本校執筆時には17.03ドルと、75%以上減少しています。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。
免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。