イスラエル税務当局(ITA)が仮想通貨キャピタルゲインに対して25%の課税

今週のOverbit Newsでは、2020年第4四半期のホットトピックスとして何度も取り上げられてきた3つの話題を取り上げます。

3つの話題とは、各国の仮想通貨規制強化、仮想通貨市場の大規模ラリー、Covid-19の回復と進行中のブレグジット協議によって引き起こされるFXの変動です。

まずイスラエル政府による仮想通貨規制強化について取り上げます。

最新のGlobes(イスラエルの金融新聞)のレポートによると、イスラエル税務当局(ITA)は、市民に対し、保有する仮想通貨の開示を義務付けるようになったとのことです。

ITAによると、仮想通貨投資家は法人化しない限りキャピタルゲインに対して25%課税されるとのことです。

このような市民の仮想通貨保有に関する規制は2021には世界各国のテーマになることは間違いないでしょう。

イーサリアムが2018年5月以来の高値。今後は?

次に、イーサリアムの最近の値動き(700ドル)が2018年5月以来の高値をつけたことについて見てみましょう。

イーサリアム上昇のきっかけは、今年のビットコインの急成長と、数週間前2020年12月1日にイーサリアム2.0が発表されたこととほぼ連動しています。

今年ビットコインは史上最高値を更新(オールタイムハイ/ATH)しましたが、イーサリアムはまだ史上最高値の50%を下回っています。

Aave、Synthetix、Uniswapなどのイーサリアムネイティブプロトコルは現在133億ドルで、100万人以上のユーザーがいると述べられているように、イーサリアムがそのATHに追いつくのを遅かれ早かれ見ることができるかもしれません。

これらの触媒は、イーサリアムが新たな史上最高値を更新する可能性があることを示しています。

ブレグジット交渉合意後の英ポンドの動き

最後に、英国ポンドがユーロに対して0.50%、米ドルに対して0.40%下落したことを取り上げます。

先週の木曜日にEUと英国がブレグジット後に自由貿易協定を交渉したという楽観的なニュースの中で英ポンドの下落が発生しました。この取引により、長年の不確実性に終止符が打たれ、私たちがフォローしているほとんどの金融アナリストは、今後数日および数週間で英ポンドがさらに進歩するはずであると言及しています。

取引の詳細はまだ明らかにされていませんが、EUと英国の間の商品の貿易に関税は課されないことははっきりしています。しかし、英国の経済生産性の大部分を占めるサービスの貿易は、ほとんどがこの協定から除外されています。英国のEU離脱が「整理」されたとしても、GBP / USDが1.3520に、GBP / EURが1.1060に下落したため、英国経済の長期的な回復について楽観視する投資家は多くありません。

世界経済がまだまだ不安定な状況です。Overbit.comがこれからも投資家・トレーダーがフォローすべき情報を発信してまいります。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。
免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。