2021年、仮想通貨は驚異的な成長を見せましたが、ミームコインである柴犬コイン(SHIB)以上に成長したものはないでしょう。犬をモチーフにしたSHIBは、元々全く注目されていませんでしたが、時価総額の上昇を見ると、最も価値の高い仮想通貨の1つと断言できます。

CoinMarketCapのデータに基づくと、仮想通貨市場で最速となる成長率を記録したことに加え、最も閲覧されている通貨リストでも飛躍的に成長したことから、SHIBは今年最も人気のあるコインの1つとなりました。ビットコインは、同サイト上の最も人気のあるコインランキングで2位となりました。SHIBと同じくミームコインであるドージコインは3位にランクインし、2021年はミームコインが市場を席巻していたことがわかります。

ドージコインは、イーロン・マスク氏らが仮想通貨をプロモーションすることで、大きな利益を得ています。ドージコインの価値が天文学的に肥大化したとき、一方のSHIBは、取り残された利益を粛々と取り入れていました。

1年ちょっと前にはミームコインについて聞かれても、それが何なのか誰も知らなかったでしょう。しかし、ミームコインは現在、業界内で最も注目される資産となり、頂点に君臨しています。

仮想通貨取引所大手のクラーケンはNFTの担保融資サービスを開発へ

他のニュースとは一風変わったNFT市場のニュースをお届けします。

Bloombergのインタビューによると、仮想通貨取引所クラーケンのCEOであるJesse Powell氏は、顧客がNFT(ブロックチェーンを使ったアートや音楽、その他の商品で代替不可能なデジタル資産)をローンの担保として使用できるマーケットプレイスを構築中だといいます。以下のように述べています。

「クラーケンにクリプトパンクを預けた場合、また、それを担保に資金を借りたい場合、その価値を口座に反映させることができるようにしたい。」

パウエル氏が言及したクリプトパンクは、1万枚のピクセルアートの絵のコレクションであり、NFTの画期的な作品とみなされています。

「クラーケンの新しいマーケットプレイスは、カストディサービスを提供し、NFTをただ集めるだけでなく、もっと活用したいと考える顧客に対してアプローチしていく」と、同氏は強調しました。今月上旬のInsiderのインタビューでは、クラーケンが早ければ2月にもNFTのマーケットプレイスをローンチする予定だと述べました。

クラーケンは現在、850万人のユーザーを有しています。1年前から約2倍のユーザー数となりました。

クラーケンの競合であるバイナンスとFTX Exchangeは、独自のNFT市場を立ち上げました。コインベースが開発する新たなNFTマーケットプレイスのローンチには、100万人以上のユーザーが待ち望んでいるといいます。NFTマーケットプレイスのパイオニアであるOpenSeaは、現在はカストディサービスを提供していませんが、世界最大のNFTマーケットプレイスに成長しました。

クラーケンは、賑わいを見せるNFT市場に猪突猛進するのではなく、独自の価値提案を提供しながらNFT顧客の一部を取り込もうとしています。クラーケンは、NFT市場での成功のために慎重に歩み寄っているようです。

デジタルアートの普及に伴ってNFTの重要性が高まったこともあり、仮想通貨市場は2021年、3兆ドルを超える規模に拡大しました。

Cointelegraphの調査によると、NFTの売上高は2021年内には177億ドルに達し、過去最高を更新する可能性があるといいます。例えば、225年の歴史を持つオークションハウス「クリスティーズ」は3月、あるNFTのアートワークを6900万ドルという破格で落札しています。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。
免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。