ビットコインが40,000ドルを超えて上昇

7月26日、ビットコインは40,000ドルを超え、6月中旬以来の高水準となりました。最近の大幅な急落に対して、投資家が積極的な反応を示したことが大きな理由でしょう。

専門家によると、この上昇は、ツイッター社CEOのジャック・ドーシー氏や、テスラ社CEOのイーロン・マスク氏の強気なコメントなどのいくつかの要因に紐付いていると考えられると指摘しています。

テスラ社のイーロン・マスク氏は、水曜日に開催されたCrypto Council for Innovationの「The B-Word」カンファレンスで、次のように述べました。

「テスラは、自社の車両購入でビットコイン決済を再開する可能性が高まっています。ビットコインは再生可能エネルギーにシフトしているようで、特に中国では、大型の石炭発電所の一部が閉鎖されています。」

このことからマスクにとって、マイニングの環境への影響や、中国政府の取り締まりに対する懸念は薄れ始めているようです。

ツイッター社と決済会社スクエア社の代表であるドーシー氏も、ビットコインに対する強気の姿勢を改めて表明しました。

米ニュースサイトのテッククランチは、ドーシー氏が、木曜日に開かれたツイッターの第2四半期のカンファレンスコールにおいて、ビットコインが同社の将来において大きな役割を果たすだろうと伝えたことを報じました。

コインマーケットキャップによると、他の仮想通貨もビットコインの上昇の恩恵を受けており、イーサリアムは5.9%増の2,299ドルとなりました。ライトコインは、この度の仮想通貨市場全体の上昇において大きく遅れをとっていた通貨の一つでしたが、それでもビットコインと並んで8%以上の上昇を記録するに至りました。

世界的な株安の影響もあり、先日ビットコインが3万ドルを割り込んだことで、さらに下がるのではないかという懸念が広がっていました。英国の仮想通貨取引所Lunoの事業開発責任者を務めるビジェイ・アヤール氏は、次のように述べています。

「ビットコインは、29,000~30,000ドル付近でしばらく横ばい状態でした。しかし、この停滞なくして、現在の強気の姿勢や、40,000ドルに向けた潜在的な値動きは確認できなかったでしょう。」

この強気の値動きが今後も続くかどうかは定かではありません。短期的な激しい値動きに一喜一憂すべきではありません。

アマゾンは仮想通貨とブロックチェーンに精通する人材の募集を開始

今回の価格上昇を支えた可能性が高いもう一つの大きな話題があります。

先週の木曜日、アマゾンは仮想通貨とブロックチェーンのプロダクトリードを募集する求人広告を出しました。

その求人広告によると、「仮想通貨のエコシステムと関連技術」を「深く理解」している人を探しているようです。

世界最大のテクノロジー企業であるアマゾンのビジネスの中で、仮想通貨やブロックチェーン技術が応用されることは、当然有り得べきこととも思われます。

報道によれば、この求人は「ペイメントアクセプタンス・エクスペリエンスチーム」の中に位置するとされており、仮想通貨の決済サポートに直接関連するビジネスの一翼を担うことになると伝えています。

その後の本稿執筆時点では、仮想通貨市場は少し冷え込みました。ビットコインは40,000ドル強から37,000ドル強まで後退し、その他の市場も同様に下落しています。

さらなる下降線を辿る前兆のショートスクイーズに過ぎないのか、それとも新たな強気のトレンドの勢いをもたらす機運が高まっていることを示す、複合的な要因なのか。今回の値動きの先を現時点で判断するのは容易ではありません。8月は、次の方向性を決める重要な月になるでしょう。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。