韓国中央銀行は12月に中央銀行デジタル通貨シミュレーション演習の第1段階を完了しました。

同研究によると、シミュレーション環境において、第1フェーズは製造、発行、流通などCBDCの中核機能を検証しました。テスト条件下では、CBDCは「正常に機能する」といいます。

韓国中央銀行は、第1フェーズの成功に基づき、オフライン決済や個人情報保護強化技術の追加など、他の機能の採用を目指しているとのことです。オフラインの信頼性と消費者のプライバシー保護は、CBDCに対する最大の課題の2つであり、韓国の中央銀行がこれらの問題に正面から取り組んでいるのは心強いことです。

CBDCが実際の環境でうまく機能するかどうかを判断するために、さらなる研究が必要であると述べており、6月の第2フェーズが終了した時点で、金融機関と共同でこのイニシアチブを評価し、ユーザビリティ調査を実施したいとしています。

このニュースは、スイスの中央銀行がシティ、クレディ・スイス、ゴールドマン・サックスを含む5つの商業銀行でCBDC関連の取引を多数決済してからわずか1週間後に発表されました。

イスラエルがデジタル・シケルの開発を続けていること、中国のデジタル人民元が過去6カ月で83億ドルの支払いを受けたことなど、CBDCに関する話は最近さらに増えています。

先週は、米国連邦準備制度理事会(FRB)が待望のCBDCに関する調査結果を発表しましたが、この問題に対するFRBの明確な見解は示されていません。

ビットコインに対する投資家の見方

2021年7月には、ビットコインとイーサリアムは直前に記録した史上最高値の約半値で取引されていました。

仮想通貨貨市場の変動は、FRBによる金融引き締めや金利上昇に備えた投資家のテクノロジー株などの高リスク資産の売却と連動しています。

直近でも、主要な仮想通貨が数日間にわたり売られ続けたため、仮想通貨市場は1,300億ドル以上の価値を失いました。

仮想通貨は、年初から下落を続けている株式と歩調を合わせて推移しており、2008年の金融メルトダウン、2020年3月のコービッドクラッシュ以来のパフォーマンス低下です。

CNBCによると、市場では最悪の事態は脱したとの見方もありますが、22V Researchのアナリスト、ジョン・ロケ氏は、ビットコインはさらに下落する可能性があるとみています。

ビットコインの支持者は長い間、仮想通貨がインフレに対するヘッジを提供すると主張してきましたが、多くの新しい投資家は懐疑的のようです。昨年、ビットコインに対する機関投資家の関心が急上昇したことで、仮想通貨市場にはこれまで以上に短期投資家が増え、ビットコインを長期商品というよりテクノロジー株のように評価しているようです。

アナリストによると、よりタカ派的な連邦準備制度が仮想通貨市場の帆から風を奪う可能性があるとのことです。投資家は、仮想通貨業界への追加規制の影響も考慮しています。

すべての不確実性にもかかわらず、FRBが1月25日に会議録を発表し、28日にオプションの有効期限が行われるため、今後1週間でより多くの情報が明らかになる可能性があります。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。
免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。