時価総額が2番目に大きいステーブルコインであるUSDCを開発したCircle社は、それが銀行口座の実際のドルで1:1で裏付けられていると主張していましたが、最近、監査人のGrant Thorntonからの「証明」で、現金がUSD Coinの準備金の60%強を占め、残りの40%がさまざまな債券や債券に裏打ちされていることを明らかにしました。

ステーブルコインが他の仮想通貨と異なるのは、米ドルやユーロなどの既存の通貨にペッグされていることです。ビットコインやその他の主要な仮想通貨に見られるようなボラティリティーを避けることを目的としているため、ステーブルコインの準備金が何で構成されているかは非常に重要です。

同社はUSDCの準備金の構成をもう一度変更し、ステーブルコインを支えているのは現金と米国債のみにすると発表しました。この発表は、Circleと仮想通貨取引所Coinbaseによって設立されたコンソーシアムであるCentreによって日曜日にされました。

多くの仮想通貨トレーダーは、銀行口座の代わりにステーブルコインを使用して売買しています。USDCは、270億ドルのコインが流通している世界第2位のステーブルコインであるため、トレーダーはUSDCに信頼を寄せているはずです。

流通量が750億ドルの最大のステーブルコインであるテザー(USDT)は、米ドルへのペッグを支えるのに十分な資産が不足しているという懸念の中で規制当局の精査を受けています。テザーの発行者は、今年初めにその準備金の2.9パーセントだけが現金で保有されていたことを明らかにしました。

NFT「CryptoPunks」にVisaが参戦

仮想通貨市場の最もホットなトレンドの1つであるNFT、具体的にはCryptoPunksについて説明します。

業界追跡ウェブサイトCryptoSlamの統計によると、CryptoPunksの販売量は月曜日に8600万ドルを超え、過去最高記録を打ち立てました。今月のCryptoPunkの平均価格は199,069ドルで、前月の2倍以上です。 8月のこれまでの売上高は合計3億3200万ドルでした。 8月以前の7月の月間売上高の最高額は1億3,520万ドルでした。

世界最大の支払い処理業者であるVisaは最近、49.5イーサリアム(ETH/約150,000ドル)で「Punk」をコレクションの一つにしましたが、わずか1か月で2倍以上の価格になりました。

「NFTは、小売、ソーシャルメディア、エンターテインメント、コマースの将来において重要な役割を果たすと考えています」と、Visaの仮想通貨責任者であるCuySheffield氏は月曜日のブログ投稿で述べています。

ビッグネームがNFT市場に参入し、あおっていることから、今後もこの市場は熱狂が集まっていくでしょう。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。