ビットコインは週末に48,000ドルの高値を記録し、5月以来の高水準となりましたが、月曜日には一転して下落しています。

CoinMarketCapによると、土曜日に仮想通貨市場全体の時価総額が5月中旬以来初めて2兆ドルを超えました。

ビットコインは4月に64,000ドル以上の史上最高値を記録した後、6月と7月に30,000ドルを割り込んで急激に落ち込んだ後、今回の急騰が起こりました。

ビットコイン価格が2万9,000ドルから3万ドル前後のころ、仮想通貨取引所Lunoの事業開発責任者であるVijay Ayyar氏は「これは大量の買いが蓄積された結果である」と述べていました。また、現在は「48,000ドルから50,000ドルの間の抵抗レベルに近づいているが、一発で駆け抜けるとは思わない。しかし、ゆくゆくは史上最高値に戻ることを期待している」と語っています。

全体として、仮想通貨市場には確かにポジティブな理由があります。ビットコインが30,000ドル付近をうろうろしていたころには、市場が崩壊するのでは?と不安をあおる人も見られましたが、それ以来、ビットコインは50%上昇し、多くのコインはさらに強い反発を見せています。しかし、多くの人が言うように現在は重要な抵抗線に急速に近づいており、市場はまだ危機を脱していません。

クールダウンやリトレースメントを求めているのは、LunoのAyyar氏だけではありません。暗号資産運用会社コインシェアーズ(CoinShares)が16日発表したレポートによると、仮想通貨ファンドは6週間連続の流出をしており、これは2018年1月以来のことです。

英国に拠点を置くデジタル資産ブローカーGlobalBlockのトレーダーであるMarcus Sotiriou氏は「トレンドが強気に反転しても、継続する前には引き戻しが予想される。価格上昇に伴って、取引高が現象しているためだ」と語っています。

結局のところ、市場には何もないということは避けられません。仮想通貨市場がまた新たな判断材料を手に入れようとしている今こそ、自分のバイアスやポジションを見極める絶好の機会だと言えるでしょう。

ウォルマートも仮想通貨関連エキスパートの求人を開始

世界最大級の企業であるWalmart Inc.は、ビットコインのようなデジタル通貨の可能性を調査する大企業が増えてきていることを受けて、ブロックチェーン戦略を確立するために仮想通貨の専門家を採用しようとしています。

ウォルマートのウェブサイトに掲載された求人情報によると、このポジションは、"デジタル通貨戦略と製品ロードマップの開発 "と "仮想通貨関連の投資とパートナーシップ "を担当するとのことです。

この募集されているシニアディレクターポジションは、アーカンソー州ベントンビルにあるウォルマートの本社で勤務します。ウォルマートの正確な目標は明らかにされていませんでしたが、職務内容には、店舗とオンラインの両方で「顧客のための幅広い支払いオプション」について言及されています。

ウォルマートの募集は、ライバルのAmazon.com Inc.が同様の求人広告を出した数週間後に行われたもので、米国最大の小売業者が近いうちに消費者に仮想通貨での支払いを許可するかもしれないことを示唆しています。

仮想通貨の覇権争いが始まったことは明らかです。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。