ビットコインブルランの裏の主役マイニング企業で2017年12月以来の高収益

先週のビットコイン史上最高値更新のニュースとはうってかわって、今週のはじまりは赤い月曜日で始まりました。

ビットコインは強気なファンダメンタルズを積み上げ続けています。ブルームバーグの新しいレポートによると、ビットコインはこの一年で4,000ドルから40,000ドルになっているにも関わらず、2017年末よりも統計的に変動が小さいとのことです。

ボラティリティが低下しているために、大口投資家が徐々にビットコインに参入してきているのかもしれません。もしくは大口投資家が参入しているからこそボラティリティが低下しているのかもしれません。先日BusinessInsiderでもJPモルガンとモルガンスタンレーがビットコインに注目しているとのニュースが報じられました。

大手銀行や機関投資家がビットコインを資産として認め始めていますが、ビットコインマイナーは記録的な収益を叩き出しています。先週ビットコインマイナーが採掘した収益は3億5,400万ドルとなっており、2017年12月以来の記録です。

シアトルに本拠を置くマイニング企業LuxorTechnologyの共同創設者であるイーサン・ヴェラ氏は「ブロック報酬が減少しているにもかかわらず、米ドルベースのマイニング収益は増加傾向にある」と述べています。

2017年12月中旬の3億4000万ドルのマイニング記録は、ビットコインの以前の強気な市場サイクルのトップのピークに近いものでした。このサイクルのトップに近いかどうかは断言できませんが、ヴェラ氏は続けて「これはビットコインの安全性の長期的な見通しと、今後の半減期に向けた継続的な投資にとって励みになります。」と述べています。

人々は 「このマイニングの収益はどこに行っているのか?」と気にかけていますが、ヴェラ氏は、「それらのほとんどは、将来のハッシュレートを成長させるために、利益のすべてを取り、それをビジネスに再投資している 」と述べています。個人投資家や機関投資家がビットコインに強気である一方で、「マイニング業者はマイニングの将来について信じられないほど強気です」とヴェラ氏は語っています。

IPOを試みた最後の大手マイニング企業であるBitmainは、株式公開までに問題を抱えていましたが、つい最近1月にBitmainの元CEOであるJihan Wu氏が退任することを表明しました。

経験豊富な投資家は、このブルランの間、トップマイニング企業の行動を見続け、それに応じて調整するでしょう。

明るい未来への投資はOverbit.comで。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。