NBAダラス・マーベリックスがサマーセールでDOGEコミュニティを優遇

NBAダラス・マーベリックスチームオーナーのマーク・キューバン氏によると、3月にドージコインを商品の支払いとして受け入れて以来、かなりの売り上げがあったとのことです。

キューバン氏は木曜日、マーベリックスのサマーセール期間中にドージコインで支払う人に「特別価格」を提供し、この後押しを継続することを発表しました。

キューバンは、CNBC Make Itの取材に対し、「ドージコインは、商品やサービスの購入に利用でき、Dogeのコミュニティは、交換媒体として使うことに関しては最強です。」と語っています。

キューバンは4月に、ドージコインは人々が取引に使う「1つのコイン」だとツイートしていますが、以前にはイーサリアムもデジタルマネーとして活用されていると述べていました。

"Ethereum is digital money "とキューバンは4月にEllen DeGeneresに語っています。デジェネレスによると、キューバンは時価で最大の暗号通貨であるビットコインを、通貨ではなく「金に相当するデジタル」と見なしています。

ビットコイン・コミュニティは、この仮想通貨が世界中で受け入れられることを期待していますが、反対派は、通貨として活用するにはあまりにも危険で予測不可能だと主張しています。また、ドージコインはビットコインのような希少性や技術的先進性がないため、投資家には十分な注意が必要だと指摘する専門家もいます。

最初はミームコインとして始まったドージコインですが、マスク氏やキューバン氏などの大物が続々と賛同していることから、本来の役割を超えつつあるようです。ドージコインのコミュニティは、市場がさらに勢いを増していく中で、いつものように今後も注目すべきポイントとなるでしょう。

イーサリアムロンドンアップデート後の市場の反応

最近のバーンに関連するイーサリアムの統計と、それが価格にどのような影響を与えているかをもう一度見てみましょう。

イーサリアムのトレーダーは、基礎となるイーサリアムブロックチェーンのロンドンアップデートとして知られる最近のアップデートのデータと、アップグレードが仮想通貨の供給量の増加を制限する可能性に注目しています。

ロンドン・ハードフォークの一環であるEthereum Improvement Proposal 1559(EIP 1559)では、ブロックチェーン上で取引を行うために支払われる基本料金が「バーン」され、データブロックごとにマイナー報酬として生成される2ETHの一部が否定されます。

ウェブサイト「Watch the Burn」によると、プレスタイム時点で、EIP1559に基づいて38,261ETHが破棄されています。その額は1億2,000万ドル以上で、新規イーサリアム純発行量を35%削減したと推定されています。

第一の問題は、デジタル資産市場への参入が増えている機関投資家が、多くのビットコイン強気派がそうであるように、イーサリアムをインフレに強い資産と見なすようになるかどうかです。8月にビットコインが16%上昇したのに対し、イーサリアムは26%上昇しました。

これまでの1年間で、ビットコインの価格が58%上昇したのに対し、イーサリアムの価格は4倍になりました。投資調査会社のFundStrat社は今週、次のように述べています。

「我々はイーサリアムの流通供給に対する更なるディスインフレ、そして恐らくはデフレの効果を見続けることができるでしょう。最終的に価格パフォーマンスがプラスになるはずです。」

一部のアナリストは、仮想通貨時価総額ランキングで、いずれイーサリアムがビットコインに挑戦するだろうと予想しています。この挑戦は、「フリップペニング(flippening)」と呼ばれます。

今後もイーサリアムの動向を引き続きウォッチしていきます。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。