激動の週で始まった2021年の仮想通貨市場

仮想通貨市場が2021年が激動の週で始まっています。

急上昇スタートで始まり、1月11日(月)には急落。CoinMarketCapによると、執筆時点での市場規模は、前日の1兆8000億ドルから9300億ドルに減少。ビットコインは10%以上下落して34,000ドルに下がり、一時的に30,864ドルの安値に。イーサリアムは一時的に1000ドルを下回りました。その後は反発しています。

一部の人は、今回の急落は数週間に渡る急騰の後に来ていることから、投資家の利益確定であると推測していますが、現在価格でさえもビットコインは過去12か月で300%以上の上昇であり、先週は42,000ドルに迫る勢いを見せていました。銀行大手のJPMorganは、ビットコインは代替通貨として金と競合するため、長期的には14.6万ドルに達する可能性があり、米ドルの今年のパフォーマンス次第では現実的であると予測しています。

安値が続くDXY

過去数ヶ月間、私たちは米ドルのパフォーマンスとその金融市場全体への影響について幅広く書いてきました。

パンデミックが世界経済に影響を与えて以来、米ドルは主に弱気の傾向にあり、GBP、EUR、金、仮想通貨などのリスクの高い資産の一部を上昇させました。この傾向は2021年にも続いており、米ドルインデックス(DXY)は1月4日に89.225レベル付近で2018年以来の安値を記録しました。

今のところは米ドルインデックス(DXY)は、重要な抵抗レベルの前に上昇する余地があり跳ね返っているようです。これは、DXYが中期的な下降トレンドにあり、DXYが低下するにつれて、ゴールドやビットコインなどの代替通貨の価値が上昇するのを観察した後に発生しています。現在、DXYは0.40%以上上昇しており、2020年12月23日以来の最高値で取引されています。執筆時点で、DXYは89.225レベルから90.588に約1.70%跳ね返っています。

投資家は2021年のより「安定した」米国経済を望んでいるため、DXYの上昇のきっかけは、米国での今後の新政権と他の国でのコロナウイルスの増加に関連している可能性があります。

テクニカル分析の観点から、強気筋が次のレジスタンスを91.00ドルで狙うため、DXYは上昇を続けますが、多くの要因が手元にあるため、2021年にDXYとBTCがどのように相関するかを予測することは困難です。以前に確立された弱気のトレンドを考えると、何かをする前に下降トレンドが明確にブレイクするのを待つのが賢明でしょう。

米ドルと仮想通貨の逆相関はしばらく続くか

ドルが上昇し、仮想通貨が急落したことで不意をつかれたかもしれませんが、古い取引の格言である「 "the trend is your friend"-トレンドには逆らわずに、乗った方がよい」を覚えておくことが大切です。

私たちが何度も書いてきたように、米ドルと仮想通貨通貨の市場は、ほぼ過去1年間逆相関しています。

このトレンドはいつでも終了する可能性があり、絶対確実というわけではありませんが、トレンドが解消されるまでは有用な青写真として機能するはずです。ドルは1月11日の暗号通貨ダンプの数日前の1月7日に真の強さの兆候を示し、この相関関係を注意深く見守っている人は誰でも準備されていたでしょう。

OverbitNewsは今後も世界中のトップマーケットニュースをお届けしてまいります。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。
免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。