ストック・トゥー・フロー・モデル、形成か崩壊か

仮想通貨専門家のPlanB氏によると、BTC/USDは彼のストック・トゥー・フロー・モデルの予測から2年以上経過したが、その歴史の中で、現在最も離れているとのことです。

将来のビットコイン価格の大幅な上昇を予測する最も人気のあるチャートの1つが、2019年1月以来の最も大幅な乖離をしており、本来のストック・ツー・フローモデルによると、現時点でのビットコインの価格は77,900ドル前後になるはずです。

しかし、月曜日の時点で、ビットコインは33,668ドルで取引されており、4月につけた史上最高値の64,829ドルを大幅に下回っています。同氏は今後6カ月間は、ストック・トゥー・フロー戦略を「形成するか崩壊するか」になると警告しています。

ストック・トゥー・フローモデルは、金や銀などの天然資源でよく使われます。コモディティは「価値の貯蔵庫」と呼ばれることが多いですが、これは理論的には、希少性と流動性の低さから、時間が経ってもその価値が維持されるはずだからであると言えます。ドルと比較すると、金属はその希少性のために「ハードマネー」であるという議論があります。

コロナウイルスの発生が始まった2020年3月以降、米連邦準備制度理事会(FRB)が4兆ドル以上のドルを新たに印刷していることを考えると、4兆ドルというのは、米国の中央銀行が20世紀初頭に設立されて以来、それまでに発行していた金額と同じであり、これらの表現は的確であると言えます。ビットコインは、支持者から「デジタルゴールド」と呼ばれていますが、その発行モデルのために希少価値のある商品とみなされています。

ビットコインは生成にコストがかかり、最大数量が2,100万枚と限定的とされています。また、この仮想通貨は、新しいデータブロックごとにシステムに入るビットコインの数が半分になる半減期という現象が起きます。「Bitcoinの供給は有限です。供給が固定されているので、価格は需要によってのみ決定されます。」とByteTree Asset Managementの創業者であるCharles Morrisは述べています。

ベトナム政府がデジタル通貨の長所短所を徹底調査

ベトナム政府は、ベトナム中央銀行が主導するパイロットプログラムで、デジタル通貨のすべての長所と短所を調査したいと考えているようです。

ベトナムはこのデジタル通貨産業に対して全体的なアプローチを取っており、パイロットプログラムは2年間実施される予定です。今回のパイロットプログラムは、ベトナムの電子政府開発戦略の一環として、首相の要請を受けて実施されています。

これはファム・ミン・チン首相が「避けられないトレンド」と述べたキャッシュレス決済の面に重点を置いています。ホーチミン経済大学イノベーション研究所の副所長であるHuynh Phuoc Nghia氏によると、今回の仮想通貨パイロットプログラムは、政府が適切な管理システムを確立しながら、そのメリットとデメリットを評価するのを支援することを目的としています。

各国が暗号通貨への取り組みを強化していく中で、ベトナムは間違いなく東南アジアの注目すべき国の一つとなるでしょう。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。