仮想通貨市場の時価総額が2兆ドルを突破

本日はまず、大きな盛り上がりを見せている仮想通貨市場の現状について取り上げます。

2021年1月、ビットコインは高騰し、続いてイーサリアムなどの多くのアルトコインの価格も上昇しました。そして仮想通貨市場全体の上昇により、仮想通貨市場の時価総額は1兆ドルの大台を突破しました。

また、ビットコインの時価総額は2月に1兆ドルを突破し、歴史的偉業を達成しています。

ビットコインが最初に1兆ドルに達したとき、多くの投資家は、過去のドットコムバブルと重ね合わせたことでしょう。ドットコムバブル後、アップルの時価総額が1兆円から2兆円に達したのは約2年掛かりましたが、仮想通貨市場は1兆ドルを突破してからわずか数ヶ月で、仮想通貨市場の時価総額が2倍に膨れ上がり、ついに2兆ドルを突破しました。

今後を予想することは難しいですが、0ドルから1兆ドルへの上昇と、1兆ドルから2兆ドルへのこの急激な上昇を比較すると、これは歴史的に見ても大きな前例となるでしょう。

大手ヘッジファンドSkyBridge Capital社がビットコインETFを申請中。市場規模の更なる急拡大はまもなくか?

デジタル資産をポートフォリオに取り入れることの必要性が急速に増しており、大手ヘッジファンドSkyBridge Capital社の創設者Anthony Scaramucci氏も、そのことに賛同しています。SkyBridge Capital社は現在、6億ドル以上のビットコインを保有しており、さらにデジタル資産を増やすためにビットコインETFの申請を行っています。

Anthony氏によると、彼の顧客もポートフォリオにデジタル資産を取り入れることに興味を持っています。特にDeFiによる人気の高まりにより、イーサリアムが大きな動きを見せ始めており、多くのプレーヤーの目に留まりました。

Anthony氏は、イーサリアムは仮想通貨取引において優れた価値のある技術であると語っています。すでに多くの著名人がポートフォリオの一部にビットコインやイーサリアムを取り入れており、今後そのポートフォリオの仮想通貨の割合が大きくなることを考えると、仮想通貨市場の更なる拡大は時間の問題です。

今後、ポートフォリオにデジタル資産を取り入れていなければ、取り残されてしまう可能性が高いでしょう。
大手投資会社の主要な支持者であるAnthony氏は、子どもたちの将来を守るためには、今こそデジタル資産を取り入れるべきだと考えています。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。