今週のOverbitNewsでは、まず米国大統領選挙とその世界の株式・外国為替市場への影響について取り上げます。

11月2日(月)、米ドルは堅調に推移し、先週からの上昇を維持しました。先週の取引セッションでは、9月下旬以降の週次の上昇率が最も高かったのです。

このような米ドルの上昇は、ポンド/米ドルペアとは対照的で、ポンド/米ドルペアは少しずつ下降し続けています。この下落トレンドは、週末にジョンソン英首相が英国全土で1ヶ月間のロックダウンを発表したことに関連しています。

このようなボラティリティが予想される中、世界の投資家は選挙に向けて安全資産として米ドルを保有しています。今回の米国の選挙サイクルを特に興味深いものにしているのは、Covid-19の背景です。

最も注目すべきは選挙で、Covid-19は米国の各州で記録的な数の郵送投票を強制しており、これにより選挙結果が1ヶ月以上遅れる可能性があります。この遅延は、世界中のすべての市場で激しいボラティリティを引き起こす可能性があります。

それにもかかわらず、DXYは94.17で1ヶ月間の高値94.195の近くに位置しています。

金やビットコインのような安全資産のブームが到来か?

対米ドルでは、英ポンドが0.4%下落して1.2904ドルとなり、トレーダーはEUとのBrexit貿易協議の最新情報に注目しています。

仮想通貨市場に関しては、状況はかなり安定していると言えます。いくつかの主要なアルトコインはここ数日で確かに売りが出ており、分散型取引所の取引量も少し減少していますが、市場のリーダーであるビットコインは、先週14,000ドルレベルから拒否された後も、13,000ドルレベルの上で安定した状態を維持しています。

今後は、選挙に伴う不確実性が非常に高く、特に選挙プロセスが長期化する可能性があることから、金やビットコインのような安全資産のブームが到来するとの見方もあります。

有名なビットコイントレーダーのピーター・ブラントは「週次および日次チャートは、大きな買いシグナルを点滅させる準備ができています。」と発言しています。

株式のトークン化

最後に、株式のトークン化デビューの話題で締めくくります。

仮想通貨取引所FTXによるこの取組は、ユーザーがUSDT、BTCなどの人気のある仮想通貨ペアで株式の端数を取引できるようにすることを目的としています。このプラットフォームは、テスラ、アップル、アマゾンなどの重要な銘柄をホストすることになりますが、株式の規制の性質上、管轄区域によって制約を受けることになります。

どのような市場や選挙の状況にもかかわらず、overbit.comは仮想通貨空間による技術革新を常にウォッチし、情報を発信していきます。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。