11月1日(月)、マンハッタンにある仮想通貨業界の巨大企業Digital Currency Group(DCG)が、100億ドルの評価額で、7億ドル相当の株式を、ソフトバンクやアルファベットのベンチャーキャピタル部門に株式を売却したことがわかりました。

既存の投資家が新しい投資家に株式を売却するセカンダリーラウンドであり、ソフトバンクが主導したこの投資には、グーグルの親会社であるアルファベット傘下のRibbit CapitalとCapitalGも参加しています。

DCGは、いくつかの有名な仮想通貨ブランドの親会社であり、その評価額は、6年前の設立以来、基本的に2,500万ドルの資金しか調達していなかったことから、今日まで謎に包まれていました。

DCGの創業者兼CEOであるバリーシルバート氏は、CNBCのインタビューに以下のように答えています。

「私たちは、この業界に投資するための最高の代理人です。今後数十年にわたってこの旅を共にすることができる、そしてできれば共にしたいと思えるようなタイプの支援者を探していました。」

同社の子会社のひとつであるGrayscale Investments社は、500億ドルを運用する世界最大のデジタル資産運用会社です。同社のフラッグシップであるGrayscale Bitcoin Trustは、世界最大のビットコインファンドであり、ETF化を申請したばかりです。DCGはプライムブローカレッジと機関投資家向け融資事業を行うGenesisや、ニュースサイトCoinDeskを有しており、200以上のブロックチェーンスタートアップに投資しています。

リップル、クラーケン、サークルと並んで、DCGは現在、この分野で最も価値のある非上場企業のひとつとなっています。シルバート氏は、IPOの可能性がないわけではないが、"計画にはない"、"今は議論されていない "と付け加えました。同氏によれば、今年の売上高は10億ドルを超える見込みです。なお、シルバート氏自身は、セカンダリーセールでは株式を売却しなかったと述べています。

バイデン氏率いる「金融市場に関する大統領のワーキンググループ」がステーブルコインに関する声明を発表

11月1日(月)、バイデン大統領の主要な経済顧問数名で構成された委員会である「金融市場に関する大統領のワーキンググループ」が、仮想通貨、特にステーブルコインに関する声明を発表しました。

それによると、ステーブルコインは「より速く、より効率的で、より包括的な決済手段をサポートすることができる。さらに、支払い手段としてのステーブルコインの広範な使用への移行は、ネットワーク効果やステーブルコインと既存のユーザーベースやプラットフォームとの融合により、急速に発展する可能性がある。」としています。

政府高官がCNBCに語ったところによると、彼らの研究は脆弱性に焦点を当てているが、国のトップの規制当局は、ステーブルコインは実行可能なデジタル決済の代替手段であり、かなり大きな立法的コントロールが必要であると考えているという。

バイデン・チームは、ステーブルコインの発行を保険に加入している銀行に限定する法律を議会が承認し、規制当局がこのビジネスを大幅にコントロールできるようにすることを特に勧めました。報告書の著者は、「議会は、支払い用ステーブルコイン取り決めが、一貫性のある包括的な基準で、連邦のプルデンシャルフレームワークの対象となることを保証するために、速やかに法律を制定すべきである」と書いています。

連邦預金保険公社や連邦準備制度理事会などの政府機関は、ステーブルコイン発行者が銀行に分類された場合、ステーブルコイン発行者の運営、リスク管理、一般的な健全性に対してより多くの権限を持つことになります。

何度もお伝えしているように、2021年に政府が仮想通貨市場への支配力を強めるというテーマは、今後もニュースを独占し続けるようです。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。
免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。