米仮想通貨取引所CoinbaseCEOが米国の仮想通貨規制について言及。市場が反応

今週のOverbit Insightsでははじめに、米国のビットコインを取り巻く不透明な規制について見てみましょう。

この米国の仮想通貨関連規制の話は、11月25日(水)米仮想通貨取引所CoinbaseのCEOであるブライアンアームストロング氏が米国財務省に対する不満を表明したことで明るみに出ました。

実際の詳細はあいまいですが、アームストロングは1つのツイートに簡潔にまとめています。

"この規制案は、Coinbaseのような金融機関に自己ホスト型ウォレットの受取人/所有者を確認し、その当事者の識別情報を収集することを要求するものだと考えています。これは今までに米国で見てきた規制をはるかに超えたものであり、金融機関が非取引所ウォレットの監視を開始することを要求することになるため、多くのユーザーは大規模なプライバシー侵害と考えるでしょう。"

アームストロング氏は、彼の見解について次のように述べています。

"もしこの仮想通貨関連規制が実行されたら、それは恐怖の伝説となり、米国にとって長期的にマイナスの影響を与えることになるでしょう。インターネットの黎明期、電話会社のような一部の人々はそれを規制するよう声を挙げていました。そういった規制をしなかったからこそ今のインターネットがある。"

これらはあくまで噂ですが、市場は反応し、ビットコインは直近最高値である19,500ドルから約5%下がっています。イーサリアムも同様の形をしており、最高値の623ドルから14%下がっています。

FacebookのLibraが早ければ2021年1月にもローンチか

最近あまり触れられていないFacebookのLibraについて見てみましょう。

最近の報道によると、Facebookが主導するこの仮想通貨は1ドルを1対1で裏付けしたシングルコインとして、早ければ2021年1月にも発売される予定だといいます。

リブラ協会は本部をスイスのジュネーブに置くことをすでに発表していますが、スイス金融市場監督当局から承認を得次第、他の通貨や複合通貨に裏打ちされた通貨など、今後の目標が展開される予定です。

上述したとおり、最近あまり多くの人の目に触れられてこなかったプロジェクトですが、フェイスブックは継続的に市場シェアを拡大しており、新サービス展開には慎重になるところでしょう。

韓国の銀行大手であるKookminがデジタル資産管理会社に不特定多数の戦略的投資

今週の締めくくりとして、仮想通貨市場が以下に急速拡大しているかを示す別の事例を紹介します。

その代表的な例が韓国の銀行大手であるKookminです。Kookminは韓国最大の商業銀行の1つであり、いくつかの国の主要なブロックチェーンプレーヤーと「デジタル資産管理会社」を共同設立しています。

CNewsによると、Kookminは新しいデジタル資産管理会社(KODA)に不特定多数の「戦略的投資」を行っており、これは仮想通貨取引所などの法人顧客のビットコイン(BTC)の保有を確保することになるといいます。

Kookminは、ブロックチェーンアクセラレーターのHashedと、ブロックチェーンの投資家であり開発者でもあるHaechi Labsと提携しており、KODAは来月から法人顧客向けのベータプログラムを実施する予定です。

Overbit.comは、世界の資本市場へのアクセスとトップレベルのサポートを提供していきます。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。
免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。