マイクロソフトが開発するビットコインブロックチェーン基盤の分散型IDネットワーク「ION」が正式稼働

マイクロソフトが4年前より主導してきたビットコインブロックチェーンを利用した分散型IDネットワーク「ION」をついに正式ローンチしました。

IONネットワークは、メールアドレスやパスワード、携帯電話番号などの個人識別情報を暗号化し、独自のIDを個々のユーザーが生成することが可能で、ブロックチェーン上にて公開鍵と秘密鍵を使用して管理することが可能です。

IONの目標はユーザーが様々なプロバイダー間でログイン資格情報をセキュアな状態で共有できるようにすることです。分散型管理のため、一企業による個人情報の漏洩などを防ぐことが可能となります。

この新しいソリューションの可能性は無限大で、ユーザーは自身だけが所有しているIDで、あらゆるサービス(メール、SNSなど)にログインすることが可能になったりなど、今後のデジタル社会・デジタル経済にとって大きな飛躍であると言えます。

今後、仮想通貨投資家が注目すべきエキサイティングなトレンドは、ビットコインネットワークから派生する自己完結型のIONのようなプロジェクトです。最もセキュリティが高く、ハッシュレートが最も高いチェーンとして、金融取引の送受信のみならず、経済を循環させるインフラとして、ブロックチェーンが社会の全てを支えるといっても過言ではありません。今後ブロックチェーン技術者はますます増加するでしょう。

ブロックチェーン監視・解析企業Chainalysisが新たに1億ドルの資金調達

次に、ブロックチェーン監視・解析を行う企業Chainalysisが行った1億ドルの資金調達について取り上げます。

仮想通貨・ブロックチェーンの市場が成熟するにつれ、ますますChainalysisのような企業の市場価値が高まるでしょう。

この様な企業が成長することは、盗難にあったコインに紐付けられるトランザクションを追跡し、時には取引所に対してアカウント停止の要請を出すこともできるようになるでしょう。

Chainalysisのような企業は、規制当局や大型投資家に対し、重要なウォレットにフラグを立てて分析し、そのアドレスをブラックリストにいれるようなサービスを提供しています。

中央政府に頼らない分散型社会での自由な発想を好む仮想通貨投資家達は、あまりこのような規制や監視といった流れを好みませんが、このような取り組みによって、ブラックハッカーによる完全犯罪は成立しなくなります。

Overbit.comでは、自由を好む仮想通貨投資家にとって有益な情報を今後も発信し続け、安全な取引と、業界の正常化に尽力してまいります。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。