最近仮想通貨市場に参入した新規投資家は、劇的な上昇の興奮に飲み込まれました。しかし、残念なことに彼らは今当時とは真逆の感情の中にいます。

ビットコインは、2020年3月の5,000ドルから2021年4月には64,000ドルを超えるまで価値が上昇しました。その後、29,002ドルまで下落した後、金曜日に32,212ドルで落ち着きました。この暴落はビットコインを象徴するような激しいものでしたが、ビットコインの歴史12年の中で最悪というわけではありません。ビットコインは2012年以降、30%以上の暴落を14回、50%以上の暴落を6回、80%以上の暴落を3回経験しています。

最も激しい暴落の後には、長期間の横ばい状態が続きました。このサイクルは、"crypto winter"として知られています。例えば、ビットコインは2013年10月と11月に10倍に上昇しましたが、2016年1月までに87%も急落しました。2017年には約2倍になりましたが、翌年には84%も下落しました。そこから高値を更新したのは、2020年後半になってからです。

DailyFXのアナリストであるピーター・ハンクス氏によると、ビットコインは主にセンチメントとリスク選好によって動かされており、そのような変数に左右される資産がいったん下落し始めると、下落し続けることが容易になると彼は主張しています。「ビットコインはここでより大きな損失を出す運命にあると考えています。」とハンクス氏は述べています。30,000ドルを下に抜けた後、次の重要な閾値は20,000ドルだと彼は主張しています。さらにそれを破れば、間違いなくcrypto winterが戻ってくるでしょう。

ビットコインの価格上昇サイクルが来るたびに新たな市場参入者が増え、その後の急落で退場していきます。今回もそうなるかもしれません。

J.P. Morganのアナリスト、Nikolaos Panigirtzoglou氏は「ビットコインの最大の懸念は、中国の仮想通貨に対する取り締まりでも、イーロン・マスク氏の辛辣なコメントでもない。むしろ、資産クラスから資金が流出していることが問題なのです。」と語っています。

アンドリーセン・ホロウィッツ社が仮想通貨投資を強化

数日前、米ベンチャーキャピタルのアンドリーセン・ホロウィッツ社は、仮想通貨を対象としたファンドの第3弾となる、いわゆる「Fund III」を発表しました。22億ドルという規模の「Fund III」は、同社の垂直特化型ファンドとしては、圧倒的な規模を誇ります。

この数十億ドル規模のファンドは、機関投資家が仮想通貨に慣れてきていることを示すとともに、アンドリーセン・ホロウィッツ社の運用資産が急速に拡大していることを示しており、これまでに実績のあるタイガー・グローバル社などの大企業に対抗しています。

アンドリーセン・ホロウィッツ社が行った他の主な仮想通貨投資には、今年の春に75億ドルの評価額を記録したNBA TopShotメーカーのDapperLabsがあります。また、今年9月に95億ドルの評価額で調達したブロックチェーン・インフラストラクチャの新興企業Dfinityにも投資しています。

ジェネラルパートナーのクリス・ディクソン氏とKatie Haun氏がファンドIIIを管理しますが、同社はすでに、仮想通貨分野に特化したより包括的な管理チームの編成に着手しており、すでに以下のようなそうそうたるメンバーが参加決定しています。

ジョー・バイデン大統領の上級補佐官やグローバル・ブロックチェーン・ビジネス・カウンシルの会長を務めたことのあるトミカ・ティルマン氏が、a16z Cryptoのグローバル・ヘッド・オブ・ポリシーに就任。また、かつてCoinbaseの初代コミュニケーション担当副社長を務めたRachael Horwitz氏が、a16z cryptoのマーケティングとコミュニケーションを統括するオペレーショナルパートナーとして参加します。

このように、黎明期の仮想通貨業界では、さまざまなプレイヤーが絶えず陣取り合戦を繰り広げています。パニックに陥る人もいれば、チャンスだと考える人もいます。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。
免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。