仮想通貨市場が息を潜めている間、ビットコインが13,000ドルレベルから上下に動くのを待っています。

今週のOverbitInsightsでは、仮想通貨市場の外側で金融を取り巻くいくつかの事象について洞察してみます。

10月23日(金)米連邦準備制度理事会は、いわゆる「仮想通貨」送金に関する監視要件に関する規則変更を提案しました。

この提案は、銀行が取引情報を収集しなければならない閾値を3,000ドルから250ドルに引き下げるもので、取引の監視が大幅に強化されることになります。

さらにこの提案は、連邦準備制度理事会の資金の定義を拡大し、仮想通貨通貨を明示的に含むようにするものです。今のところ、この提案はまだ「公開審査」期間中であり、誰でもオンラインで意見を述べることができ、郵送でも30日間意見を述べることができます。

このレビュー期間はもちろんこのルールの変更は今のところ提案に他ならないことを意味します。しかし、この動きは明らかに、政府が仮想通貨をどのように見るかの支配的な傾向を示しています。

AML関連法の改革

米国をはじめとする各国政府はデジタル通貨、またそれを取り巻くマネーロンダリング規制について、旧来の法律によって規制しようとしています。

AML法は、もともと1970年代に最初に可決された銀行秘密法から発展したものであり、米国連邦政府が当事者間の両替を監視できるようにするための基盤として機能しています。

銀行秘密法が起源でしたが、マネーロンダリングを取り巻く規制法は1986年のマネーロンダリング規制法によって増加し、マネーロンダリングは連邦犯罪になりました。

それ以来、他の多くの国々も同様の法律を可決しました。これらの法律は古いものであり、現在のテクノロジーの状況からすると時代遅れになっている可能性もありますが、まだ存在しており、規制当局は「古い法律」を「新しいテクノロジー」に適用する方法を模索しています。

これらの取り組みはすべて、急成長する仮想通貨エコシステムに抜本的な改革を実施するための世界的な取り組みの一部です。

激動の1年を締めくくる今後2ヶ月

本日最後のトピックは年末までの出来事について焦点をあてます。

海外大手FX情報サイトActionForexの最近のレポートで「金融市場の激動の一年を締めくくる今後2ヶ月間の重要な期間を注視するように」と報じています。

第3四半期のGDPデータは、ほとんどの国で数日から数週間のうちに発表される予定で、COVIDパンデミックが発生してから約半年が経過し、各国がどのように推移しているかを包括的に把握することができるはずです。

GDP成長率は、少なくとも米国では31%近くと、急激な回復が期待されています。この成長は、第2四半期に米国のGDPが被った損失をほぼ帳消しにするでしょう。

海外では、EUと英国の交渉が前向きな一歩を踏み出しているようで、双方が明確にノーディールの状況を回避しようとしています。

これらの国はまた、この前例のない経済的閉鎖の間に何百万もの市民が生活費を稼ぐのに苦労しているように、パンデミックの中で財政政策と可能な刺激策を練り上げようとしています。

要するに、ActionForexは、今後数週間は「ディールメイキング」の時間と見ています。EUと英国のブレグジット交渉や米国、EU、英国などでの財政刺激策に時間がかかっています。また、COVID関連の景気回復のニュースや、治療薬やワクチンそのものの登場も待ち遠しいところです。

これらのイベントに加えて、米国の選挙が2週間後に迫っています。

控えめに言っても、大量の触媒が地平線上に待ち構えており、「恐ろしい一年の締めくくりとして魅力的な年になることは間違いない」と言えるでしょう。

これらのイベントで何が起こるかを正確に言うことは不可能ですが、私たちは常に最新情報をお届けできるように努力していきます。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。