週末に仮想通貨市場は大きく下落。大きなボラティリティに引き続き注意が必要

ここ数週間は過去数ヶ月連続した急速な価格上昇とは明らかに異なるものでした。

ビットコイン、イーサリアム、そしてほとんどの主要な仮想通貨は過去の最高値を大きく超えて上昇していましたが、ここ1〜2週間は売り手が主導権を握っているように見えます。

4月23日(金)には、仮想通貨市場特にビットコインの売りが加速し、BTCUSDはスイングの安値である51,300ドルを破り、47,500ドルまで暴落しました。これにより、ビットコインは過去最高値の64,000ドルから25%のドローダウンを超え、他のアルトコイン市場も下降線をたどっていきました。

イーサリアムや他のアルトコインは、直前まではまずまずの値動きをしていたかもしれませんが、金曜日の暴落により、週末に向けてすべてが10%以上下落し、総時価総額から2,000億ドル以上が削られました。

今日の仮想通貨市場では、トレーダーはあらゆるレバレッジをかけることができますが、この大きな変動により清算額も急増し、合計で10億ドルを超えました。

またしても仮想通貨市場はその特徴のひとつである「ボラティリティ」を多くの人々に見せつけています。このような大きな下降局面では、ネガティブな見出しがたくさん出てきますが、仮想通貨投資家としては、今回の下落がどのようなトレンドを表しているのか見極めることが重要です。

トルコ大手仮想通貨取引所Vebitcoinが破綻。直近で2社目

トルコ大手仮想通貨取引所Vebitcoinが破綻しました。これでトルコの仮想通貨取引所の破綻は2社目となります。

現地メディアのDemiroren通信によると、同社のCEOであるIlker Basと他の3人の従業員が拘束され、トルコ金融犯罪調査委員会は、Vebitcoinの口座を凍結し、調査を開始しました。

仮想通貨の格付けサイトCoinGeckoによると、Vebitcoinはトルコで4番目に大きい取引所で、通常の取引量は6,000万ドル近くに達しています。

トルコではつい先日、トルコで2番目に大きい取引所で、約39万人のユーザーを有するThodexのCEOらが海外へ逃亡し、被害総額が20億ドルに達するニュースが出たばかりです。この2つの取引所は、猛烈なインフレと不安定な通貨から資産を守ろうとする多くのトルコ人を魅了した仮想通貨ブームの一翼を担っていました。

トルコの仮想通貨市場における取引額は、金曜日には20億ドルに迫る勢いでした。このブームは規制当局の関心を呼び、トルコの中央銀行は、4月30日付で決済機関が仮想通貨プラットフォームへの送金を促進することを禁止しています。

次々と新たな規制が生まれ、また、不正も起こります。仮想通貨投資家は常に情報をアップデートし、安全な取引所の選択がマストです。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。