NFTマーケットプレイスOpenSeaでインサイダー取引の噂

15億ドル規模のスタートアップ企業であるNFTマーケットプレイスOpenSeaで、インサイダー取引の噂が流れたとされています。

従業員は特定されていませんが、OpenSeaの製品責任者であるNate Chastain氏は火曜日の夜、Twitterユーザーの@ZuwuTVから、秘密の仮想通貨ウォレットを使ってプラットフォームでの購入を前倒ししている(フロントランニング)と告発されました。

OpenSeaの回答書では、この出来事は「信じられないほど残念なこと」であり、同社は「直ちに徹底的な見直しを行う」としています。

中国の仮想通貨ニュースメディア8btcでは、Chastain氏とフロントランニングのスキームに関連するとされる販売を追跡し、合計18.875ETH、約67,000ドルの利益を特定しました。

Dune Analytics社によると、OpenSeaの先月の取引量は過去最高の34億ドルに達しています。このエピソードは、仮想通貨エコシステムの大部分に存在する規制の狭間を露呈しています。特にNFTは、法的には宙ぶらりんの状態です。NFTは正式には有価証券に分類されておらず、デジタル資産全般に関する法的判例もあまりないため、NFT関連のインサイダー取引は禁止されていないようです。

ロンドンを拠点とするフィンテックのデータアナリスト、ボアズ・ソブラド氏によれば、OpenSeaのスキャンダルは2つのことを証明しています。一つは、ブロックチェーンの透明性は、すべての取引が公開され、永遠に記録されることから、悪意のある行動を監視するための強力なツールとなること。もう一つはお金の概念が緩くなり、手口が大胆になってきていることです。

同氏は以下のように語っています。

「今、規制が話題になっていますが、悪質な業者の多くが今やっていることは明らかに違法です。規制当局が目を光らせていないために、ほとんどの人がこのような行為から逃れているのだと思います。これは、お金の概念があまりにも緩くなり、スキームがあまりにも大胆になったため、関係者が痕跡を消すための最も簡単な予防措置を無視していることを示しています。これもまた、今この業界で起こっている無謀な狂気を示しています。」

エルサルバドルが1カ月で200台以上の仮想通貨ATMを設置

エルサルバドル政府は、9月にビットコインを法定通貨として認めた後、200台以上のATMを設置しました。エルサルバドルは現在、米国とカナダに次ぐ世界第3位の仮想通貨ATMネットワークを有しており、南米の仮想通貨ATM全体の70%を占めています。

Coin ATM Radarによると、エルサルバドルは、現地でのビットコイン取引やビットコインから米ドルへの交換をサポートするために、これまでに205台の仮想通貨ATMを配備した結果、英国の仮想通貨ATM数を上回ったとのことです。8月16日のデータと比較すると、エルサルバドルはわずか1ヶ月で201台のATM構築に成功したことになります。

それまでは43位で、稼働している仮想通貨ATMは4台しかありませんでした。ナイブ・ブケレ大統領は以前、ビットコイン導入のための初期支援は、200台のATMと50の支店のネットワークを通じて提供されると主張していました。政府は、仮想通貨ウォレットサービスであるChivo社と提携し、国内のビットコインウォレットとATMの利用を後押ししています。

9月には世界で27,664台のATMが稼働し、2,790台のATMが新たに設置されたことで、仮想通貨ATMの設置台数は世界中で過去最高となっています。エルサルバドルのATM建設キャンペーンの拡大は、すべての企業にビットコイン決済の受け入れを義務付ける大統領令が新たに制定された時期と重なっています。同時に、他の当局が好ましい資産としてのビットコインの有用性をまだ議論している中、国際的に毎日平均63.7台のATMが建設されています。

これは、この業界がいかに堅牢になりつつあるかを示すものです。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。
免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。