取引所のイーサリアム準備額が減少中。過去最高値更新なるか?

本日のOverbitInsightsはイーサリアムの話題から取り上げます。

CryptoQuantのデータによると、取引所のイーサリアムの準備額は1月15日現在過去48時間だけで27%も急落しており、810万ETHにまで減少していることです。

この状況にはじめて言及したのはNuggets Newsのアレックス・サンダース氏で、1月14日に遡ってイーサリアムの準備額が10%減少したことを指摘しています。この傾向が現在のペースで続けば、「取引所は10日以内にETHを使い果たすだろう」とサンダース氏は述べています。

これは新しい傾向ではなく、2020年5月中旬に取引所が過去最高の1,410万ETHの準備額をマークして以来、継続しています。同時期にビットコインでも同じことが起こりましたが、イーサリアムの最近の加速はビットコインの現在のレートを飛躍的に上回っているようです。イーサリアムの需要が過去1年間で爆発的に増加しており、ここ数週間でさらに爆発的に増加したことは明らかです。

将来の価格行動を予測することは不可能ですが、サンダース氏は以下の通り述べています。

「ビットコインの需要が供給を上回ったときに何が起こったのかは誰もが知っています。」

イーサリアムは抵抗の下で底固めをしており、今後注目すべきコインとなっています。

バイデン大統領就任で米ドルの回復の見込みは?

次に米ドルに焦点をあててみます。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙の最近の見出しによると、外国人投資家は今後もドルに弱気であり、特にバイデン大統領の下ではドルに弱気であることに変わりはありません。

1年来の弱気傾向にもかかわらず、投資家のムードとしてはドルへの悲観論が続いているようで、そのほとんどが3年ぶりの最安値付近で推移しています。

米国はバイデン大統領の就任式とバイデン大統領の就任を数日後に控えており、多くの投資家やトレーダーは、通常の状態に戻り、ドルの弱気トレンドの転換を示すのではないかと期待していました。しかし、米国では暴動が発生していることなどから、ドルが弱気トレンドに陥っています。バイデン氏が新たに発表した財政案は、以前に合意したものからほぼ倍増しており、人々の心を揺さぶるものとなっています。

米国は自国通貨の回復を実現するために力強い景気回復を必要としていますが、これは経済への大量の直接現金注入なしには非常に困難です。

ウォールストリートジャーナルの記事が報告したように、短期的には米ドルが弱気の状態が続く可能性があります。

オランダがコロナ死者数の記録更新

次にEUR/USD為替ペアの継続的な下落について取り上げます。

EUR/USD外為ペアレートは、先週1.2112ドルと6週間ぶりの安値を更新。米ドルは最近の2018年の安値から跳ね返ってきましたが、欧州中央銀行(ECB)も同意しているように、これは依然としてユーロにとって有望な兆候ではありません。

最近発表されたECBの議事録によると、政策決定者たちは現在の為替レートについて懸念を抱いており、引き続き深い関心を示しています。今後、EUの多くの加盟国がパンデミック対策の強化を進めていく中で、コロナウイルス感染拡大継続はユーロ投資家にとって引き続き懸念事項となっています。

オランダが最近、新型コロナウイルス感染症死者数の記録を更新したことから、ドイツも同様の動きをすると予想されています。ドイツはEUの最大の経済国であることを覚えておくことが重要です。

Overbit.comではこれからも幅広い視野で、投資家の皆様の役に立つ経済ニュースを発信してまいります。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。