昨年、数百万人の個人投資家によって、GameStop、AMC Theatres、BlackBerryなどの話題の企業が注目を集めました。個人投資家の投資活動の発展によってこれらの銘柄は暴騰しました。

デイトレーダーたちは1年以上にわたって「ミーム関連銘柄」と呼ばれる新しい資産クラスを形成しました。彼らは、定期的にこれらの銘柄に資金を投じ、新興のプロジェクトの動向を見守りました。ショートスクイズを狙う個人投資家の投資行動によって、デンマークにある小さなバイオテクノロジー企業の株価は1日で1300%以上も上昇しました。

しかし、エコノミストによれば、個人投資家は現在、昨年の大幅な上昇に匹敵する新しい投資対象銘柄を探しており、ミーム関連銘柄の劇的な上昇は今後薄れていく可能性が高いと指摘しています。例えば、Tradier社の共同設立者兼CEOであるDan Raju氏は、以下のように指摘しています。

「昨年、ミーム関連銘柄の仲介業者によって、世界中の200万人のトレーダーのために約460億ドル相当の資産が処理されましたが、ミーム関連銘柄の暴騰は今後、先細りになるでしょう。」

個人トレーダーはこれらの銘柄に対する投資から卒業し、ビットコインなどの大型銘柄に対する投資の傾向が強くなっています。Apex Fintech Solution社が金曜日に発表した世論調査によると、ミーム関連銘柄は2021年末頃から人気を失い始めており、一時は熱狂的な人気を博したプロジェクトの多くが、投資家の保有銘柄ランキングで上位ランクから脱落しているとのことです。

一方、同社によると、メタバース関連銘柄が若い投資家の好奇心を集めているようです。同ランキング中で、Facebookの親会社であるMeta、メタバースプラットフォームを提供するRoblox、Nikeなどの企業がランクインしています。メタバースとは、ユーザーがアバターとして交流し、ゲームなどを通して仮想通貨を使用した取引ができる仮想世界と解釈されていますが、新しい市場であるため厳密に定義が定まっているものではありません。

Raju氏によると、小口のビットコイン取引量はまだ極めて少なく、アクティブトレーダーの取引でも毎月3回以下だと言います。また同氏は、「2022年は規制の年になるが、規制されることは裏を返せば仮想通貨の正当性を推進することに繋がり、ひいては仮想通貨のボリュームをより生み出すことなる」と合わせて指摘しています。

北朝鮮の犯罪グループによって4億ドル相当の仮想通貨がハッキングされる

ビットコインやイーサリアムなどの価値は2021年に急騰し、ビットコインは60%、イーサリアムは80%増加しました。拡大する仮想通貨経済圏から資金を搾取しようと、北朝鮮の忌まわしい犯罪者がハッキングを行なっていたことはそれほど驚くことではありません。

ブロックチェーン分析会社Chainalysisによると、北朝鮮のハッキング集団は昨年、仮想通貨取引所やブローカーなどへの7回のハッキングを通じて、合計で3億9500万ドルの仮想通貨を盗み出しました。北朝鮮のハッカーグループによる一昨年の被害額に比べて1億ドル近く増加し、同国グループ犯罪による過去5年間の被害額は15億ドルに達しました。これは、伝統的な金融市場から流出した数億ドル以上の被害額については含まれていません。

Chainalysis社調査部門のシニアディレクターであるErin Plante氏は、2021年中の北朝鮮グループによるハッキングに関して報告している「バナーイヤー」と題したレポートにおいて、「彼らは見事に行なって(ハッキングして)いる」と述べています。

同報告書によると、法執行機関の取り締まりが強化されているにもかかわらず、北朝鮮グループによる世界的な仮想通貨の強奪事件が増加しています。昨年2月、米国司法省は3人の北朝鮮人に対して、少なくとも1億2100万ドル相当の仮想通貨資産を盗んだことについて他の金融犯罪への加担の嫌疑とともに告発し、彼らは欠席裁判で裁かれました。

Plante氏によると、犯罪者はイーサリアム関連銘柄に注目し、2020年中は1億6100万ドルだった被害額が、昨年は2億7200万ドルに達しました。イーサリアムエコシステムの資産価格の高騰と、この成長に伴って未成熟な企業が増えたことに起因すると考えられます。

Chainalysis社は、昨年調査したハッキングによって被害を受けた人の名前を公表することを総じて拒んでいます。一方同社は、昨年8月に日本の仮想通貨取引所Liquid.comから9700万ドル(うち4500万ドルはイーサリアムトークン)が盗まれたことについて、北朝鮮のハッカーを非難する声明を発表しています。同社は、マルウェアサンプル、ハッキングインフラに基づき、また、北朝鮮ハッカーによる管理が特定されたブロックチェーン・アドレス群への資金の流入を追跡することで、当該ハッキング被害について7件すべてを北朝鮮グループによるものだと断定しました。

同社は、Lazarusと呼ばれるグループが北朝鮮政府のために働いており、疑わしいハッキング集団であることを公表しています。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。
免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。