SEC(米国証券取引委員会)は、DeFi取引所の最大手であるUniswapと、その開発会社であるUniswap Labsを調査しています。SECは、"投資家がどのようにUniswapを利用し、どのように販売しているか "を知りたいとしています。

Uniswap Labsは、同社が法律を守ることに専念していると述べている。現時点では、SECの調査は刑法ではなく民法に基づいて行われており、告発されるかははっきりしていません。しかしこの調査は、仮想通貨のSEC登録検討など、仮想通貨融資サービス等に対してのSECの別の取り組みと一致しています。

Uniswapは、中央の介在なしに通貨スワップを行うことができるという設計上の独立性をユーザーに売り込んでいます。しかし、仮想通貨やDeFiが規制当局の監視下に置かれるようになると、Uniswapはその独立性の一部を制限せざるを得なくなり、7月には "規制の状況の変化 "を理由に、トークン化された株式のような資産の取引を禁止したばかりです。

Uniswap Labsは当時、同社のソフトウェアがこれらの取引を禁止したものの、同事業がイーサリアム上で開発した基礎的なプロトコルはオープンソースであり、影響を受けないと述べていました。今回のUniswapの取引制限は、SECのゲイリー・ゲンスラー議長が、トークン化された株式などのデジタル資産が証券としてカウントされる可能性が高いことを明確に示唆する発言をした直後に発生したものであり、将来的にそれが施行された場合それらを供給するプラットフォームは提供を禁止されることになります。

仮想通貨市場全体の時価総額が年初比2倍超の2兆1,600億ドルに

数ヶ月間の低迷で長期的な弱気市場になるとの声が多く聞かれましたが、ビットコインは夏の終わりの反発を続けながら、またしても予想に反して50,000ドルを突破して上昇しました。

もちろんこの反発は単独で起こったものではなく、価格の変化はDeFiやNFTへの関心の高まりと重なり、イーサリアムは5月中旬以来初めて4,000ドルを突破しました。

今回の回復は、ビットコインが4月中旬の約65,000ドルという記録から下落した後、ここ数カ月の間、およそ30,000ドルから40,000ドルの間の価格で取引されていたことによるものです。

ブロックチェーンのデータ会社であるChainalysis社によると、世界の仮想通貨の採用率が過去1年間で大幅に上昇したという報告があり、これが現在進行中の反発の顕著な要因となるでしょう。この同じ報告書によると、世界の仮想通貨の採用率は昨年1年間でおよそ881%上昇しています。

年初を振り返ると、仮想通貨市場全体の時価総額は1兆円をわずかに下回っており、それを突破したことはコミュニティ全体にとって大きな出来事でした。それがこの日曜日には、世界の時価総額が2倍以上の2兆1,600億ドルに達しています。

日ごと、週ごとの価格変動にかかわらず、2021年の仮想通貨市場のトレンドが上昇していることは明らかだと思われます。ビットコインが5万ドルのレベルを再び突破したことは、どの資産が依然として市場のリーダーであると考えられているかを思い出させてくれます。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。