今週はJPモルガンのアナリスト達のビットコインに対する直近の見解をご紹介します。

JPモルガンのアナリスト、ニコラオス・パニギルトゾグルー(Nikolaos Panigirtzoglou)氏は、ビットコインのドミナンス(支配率)が50%を超えると、ビットコイン価格の下落が止まる可能性が高いと考えているようです。

Bitcoin.com Marketsのデータによると、現在、ビットコインの市場シェアは46%で、価格は本稿執筆時点で34,609ドルとなっています。JPモルガンのアナリストは、大口投資家がビットコインの下落分を購入している証拠はほとんどないと見ていますが、一部の機関投資家は、ビットコインを買って他の仮想通貨を売却し、相対的にビットコインの枚数を増やすかもしれません。

別のJPモルガンの専門家は先週、仮想通貨業界は回復しつつあるが、まだ健全ではないと述べました。さらにこのアナリストは、仮想通貨市場の短期的な見通しを「難しい」と表現し、さらなる売りを予測しています。

Crypto Headが2021年Crypto Ready Indexを公開。仮想通貨が多くの国で浸透中

Crypto Head社の2021年Crypto Ready Indexでは、各国の仮想通貨ATMの数とそのアクセス性、合法性と銀行が使用できるかどうか、仮想通貨関連用語のオンライン検索数などを考慮し、200の国と地域の「仮想通貨対応」指数を算出しています。

この新しいレポートによると、米国は「crypto-ready」スコアが7.13点で第1位となっています。

同社が収集したデータによると、米国には17,436台の仮想通貨ATMがあり、このカテゴリーで2位のカナダよりも約16,000台多く設置されています。Coin CloudのようなビットコインATM企業が急速に全米に設置を拡大していることによります。

この調査は、仮想通貨という新しい業界ではよくあることですが、調査範囲が限られており、不十分との声もあります。この調査では、各国の規制や税法を詳しく調べていないことが大きな問題となっていますが、少なからず、別の資本市場にも大きな影響を与えます。少なくともいくつかの要素については、仮想通貨が世界中を巻き込み大量導入の準備を整えていることが見て取れます。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。
免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。